- 総力報道!THE NEWS - ケータイ刑事 銭形シリーズ - がっちりアカデミー!! - DOORS - ニッポン!チャ×3! - 和田アキ子殺人事件 - チャンネル☆ロック! 興毅!」と言いながらピンポン玉を投げつける(井上はそれを避ける)「, その後も番組内では次長課長とピンポン玉は因縁めいた関係となり、2009〜2011年はラストチャレンジでモノボケを披露する際、終盤で追い込まれると必ずこの「興毅ネタ」を披露していた。しかし、この興毅ネタで審査員を笑わして100万円を獲得した事は2016年時点でまだ一度も無く、番組内ではこの一連の流れを「, 特徴として、チャレンジの際は毎回必ずFinalステージに「モノボケ」を持ってくる傾向にある。, 初期の特番時代では、同じく共に出演頻度の高かったバナナマンに対抗意識を燃やしており、「自分たちこそ『ミスターイロモネア』だ」と張り合っているシーンも多々見受けられた。尚、2016年現在はそのような振る舞いは見られなくなっている。, 初挑戦は2007年9月28日放送の『ザ・イロモネア6』。100万円獲得回数は2回。通算挑戦回数はピンで10回、SPユニット(Team 消えたくない二人、マッスルスリー、マッスルフォー)で2回の計13回(2017年時点)。, 特殊ルール回挑戦回数:『ザ・ピンモネア』=3回『ザ・グルモネア』=1回『なりきりモネア』=1回, 「一発屋」のイメージが強い芸人であるが、2007年に初登場してから同番組には定期的に出演し続けている。基本、勢いで押すネタが多く、一発ギャグも自身が前々から活用していたものにアレンジを施したものを披露する事が多い。代表的な例に「そんなの関係ねぇ 4倍速ヴァージョン」などがある。, 2008年8月2日の放送回にて、5回目の挑戦で自身初となる100万円獲得を果たした。, チャレンジ終了後に語られた小島のトークによると、前回のチャレンジ(2008年7月5日放送回)にて1stステージ敗退を喫した後、マネージャー、友達、親族など様々な所からプレッシャーがかかってきたという。しかも自身のマネージャーからは「, 2009年5月21日放送のグルモネアでは史上2組目の100万円獲得を達成。この時、Finalステージの「オヤジギャグ」では, 2008年5月10日の放送内での2ndチャレンジの「モノボケ」で残り時間0.5秒の所で審査員5人中4人が笑いクリアという番組史上初の1秒未満でのクリアを達成した。しかし、lastチャレンジの「ショートコント」失敗により100万円は出なかった。, 2015年1月5日放送回では狩野英孝と共に「Team 消えたくない二人」の一員として、更に2016年1月2日放送回ではオードリーの春日俊彰、なかやまきんに君等と共に「マッスルスリー」の一員として出場する, 初挑戦は2005年1月3日放送の『ウンナン芸人道祭'05』。100万円獲得回数は2回(田中はピンも含めると3回)。通算挑戦回数は12回(2017年時点)。, 特殊ルール回挑戦回数:『ザ・ピンモネア』=田中・山根各3回『ザ・グルモネア』=田中・山根各1回『なりきりモネア』=田中・山根各2回『10モネア』=1回, 初期の特番時代から出場しているが、この頃は苦戦続き。初挑戦時は1stステージで敗退した。さらにその後も1st〜3rdステージでの早期敗退・得意のショートコントでも惨敗など、レギュラー放送中期まではかなりイロモネアとの相性が悪かった。転機が訪れたのは2009年2月21日の放送回からで、この頃から田中のキモキャラが番組内でも遺憾なく発揮され、順調に各ステージを勝ち進み初の100万円獲得を果たした。更に同年5月14日にも100万円を獲得し、番組史上3組目の2連覇を達成した。尚、どちらともサバイバルステージでのクリアであり、サバイバルステージで2連覇を達成した事のある芸人は2016年時点でアンガールズ一組のみである。, 田中はその容姿を活かして、「どうも~!骸骨で~す!」などといったギャグを披露する事が多い。一方で山根は持ちネタとして「お城ギャグ(お城の雰囲気を自分の顔面を変形させて顔で表現する、いわゆる顔芸)」などがある。基本的には田中の方が笑いをとることが多い。, レギュラー期に放送された『イロモネア』以外で〇〇モネアと呼ばれる特殊ルール回4つ(『ザ・ピンモネア』『ザ・グルモネア』『なりきりモネア』『10モネア』)全てに出場経験がある。これはバナナマンとトータルテンボスと彼らを含めた3組しか成し遂げていない。, 田中は2009年8月27日放送内の「ロケモネア」でも単独で100万円を獲得している。, 初挑戦は2005年1月3日放送の『ウンナン芸人道祭'05』。100万円獲得回数は1回。通算挑戦回数は11回(2017年時点)。, 特殊ルール回挑戦回数:『ゴールドラッシュ(正月特番)』=1回『なりきりモネア』=原西2回・藤本1回, 番組第1回から出演している常連である。また、レギュラー放送内のイロモネア本選の最多出場記録保持者でもある(通常ルールで4回、サバイバルルールで3回出場と計7回出場している)。, 2008年8月30日の放送内で、6回目の挑戦で念願の100万円を獲得。残り2秒でのギリギリのクリアであった(ジャンルはモノボケ)。しかし、これ以降は100万円獲得から遠ざかっている。, 番組内ではやはり一発ギャグを得意とする原西の活躍が目立ち、逆に藤本はネタを披露してもウケない事が多い。代表ネタに「勢いモノマネ(原西)」「文房具ギャグ『はさみ』(藤本)」などがある。, 近年は番組内で他の芸人がチャレンジしている際に藤本がお得意の「ガヤ」を入れることが多く、チャレンジ以外の所で目立つことが多い。, 初挑戦は2005年10月7日放送の『ザ・イロモネア2』。100万円獲得回数は1回。通算挑戦回数は11回(2017年時点)。, 特殊ルール回挑戦回数:『ザ・ピンモネア』=4回『なりきりモネア』=2回『10モネア』=1回, 初期の頃から出演し、番組内では器用な芸風を活かしてものまねやショートコントなどに果敢に挑んでいるが、2014年時点で未だにイロモネア本選では100万円獲得経験は一度も無い。初の100万円獲得はイロモネアでは無く、レギュラー放送最終回での「10モネア」内であった(ちなみに、この日は友近の出番が最後であったため、「, イロモネア本選で100万円を獲得していない芸人の中では最多出場を誇る。更に2015年1月5日放送回でもチャレンジ成功出来なかったため、柳原可奈子以来となる「, 初挑戦は2005年1月3日放送の『ウンナン芸人道祭'05』。100万円獲得回数は3回。通算挑戦回数は9回(2017年時点)。, 挑戦時の傾向として、1st~3rdステージの間に「ショートコント」「モノマネ」「一発ギャグ」を消化していき、4thで「サイレント」、5thで「モノボケ」にチャレンジする、という流れで毎回挑戦している。しかし、2013年3月20日の放送では1stステージでサイレントを選択しクリアした。, 上記の通り2連覇を達成しているものの、2005年4月5日のチャレンジ成功を最後に調子を落とし、しばらく100万円獲得から遠ざかっていた。しかし2012年3月29日の放送内ではチャレンジに成功し、約7年越しに100万円を獲得した。チャレンジ終了後、2人は久々の100万円獲得に喜ぶあまり、思わず真剣なコメントを残していた。, 2006年10月6日の放送から、チャレンジ前のトークにて司会のウンナンが堤下に対して「あれ?ブサイクだな~?」「豚はどう?」などとコメントを振ってイジリ、それに対して堤下が激しく突っ込むという流れが定番化している。また堤下はその体型を活かしてチャレンジ内(主にモノボケ内)で, 初挑戦は2005年1月3日放送の『ウンナン芸人道祭'05』。100万円獲得回数は3回。通算挑戦回数は8回(2017年時点)。, 特番第1回内でのインタビューからでも見て分かるとおり、当時からこの番組に並々ならぬ熱意を持っており、内村からは「劇団ひとりが一番この番組に賭けている」という風に言われていた。, その持ち前の演技力の高さを生かしたネタを披露する事が多い。例えばモノマネ一つでも「好きな人との別れ際の駅員さんのものまね」「キスをした時の消防士さんのものまね」「ダチョウ倶楽部のあの流れをドラマチックに」など、かなり演技力を生かした独特なものが多い。しかし、時折常軌を逸した行動を取ることもあり、例として2005年10月7日放送回では4thステージのサイレント内で追い込まれてステージ上で唾を垂らした事もある(唾は「自主規制」のロゴマークで隠されていた)。, 2006年3月1日に初の100万円獲得を果たす。更に2009年4月16日の放送で約3年ぶりに出場し、通算2度目の100万円獲得、更にピン芸人初の2連覇を達成した。更にまたその3年後の2012年3月29日の放送でも100万円を獲得した。, 2005年10月7日放送回では1stステージでモノマネを披露しクリアするも、自身が思っていた以上に手応えが無かったのを肌で感じ、恐怖心からその後のチャレンジを辞退しようとした。しかし司会のウンナンや周りの芸人たちから説得され、話し合いを重ねた結果、「10万(3rdステージクリア)だったら、誰も文句言わないよ」と内村に諭され、結局その時点ではひとりは3rdでチャレンジを終える事を決意。その後、3rdステージをクリアし、ひとりは歓喜するが、今度は周りの芸人から逆に「やめちまえ!」と野次を飛ばされて、その挑発にまんまと引っかかってしまい、結局4thステージもチャレンジする羽目に。結果、同ステージで敗退してしまい、チャレンジ終了後ひとりは「誰だやれっつったの!」「, 同事務所かつ同期である有吉弘行の態度の悪さに対して、バナナマンとともに飛ばす辛辣な野次は当番組の名物となっており、半ばお約束的な展開となっている。, 2012年3月29日放送回の「ザ・イロモネア 笑わせたら100万円SP」の出場を最後にイロモネアには出演していない。, 初挑戦は2005年4月5日放送の『ザ・イロモネア』。100万円獲得回数は0回(庄司はピンで1回獲得)。通算挑戦回数は3回、庄司はピンでの出場分を含めると8回(2017年時点)。, 初挑戦の1stステージでいきなりサイレントを選択し、クリアした経験のあるコンビ。尚、1stステージでサイレントを選択してクリアした事のある芸人は彼らと, コンビとしては2008年4月12日の放送を最後に出場していないが、2013年3月20日からは庄司のみ「, 2015年1月5日放送回ではチャレンジ成功を果たし、念願の100万円を獲得した。チャレンジ終了後、庄司は嬉しさのあまり大ハシャギし、その後感動のあまり泣きそうになっていた。そしてカメラに向かって, 2017年1月2日放送回では小島よしお、なかやまきんに君、オードリー春日らと共にマッスルフォーとして出場したが、Finalステージ敗退に終わった。, 初挑戦は2006年10月6日放送の『ザ・イロモネア4』。100万円獲得回数は1回。通算挑戦回数は8回(2017年時点)。, 特殊ルール回挑戦回数:『ザ・ピンモネア』=たくや・かずや各1回『なりきりモネア』=1回『10モネア』=1回, お馴染みの「幽体離脱」や「タッチ」など、双子ならではのネタを披露する事が多い。また「高山vsドン・フライ」などのマニアックなものまねや、「クロロフォルム」などのブラックなネタを披露することもある。, 「ザ・イロモネア5」内での1stチャレンジ「モノマネ」の際、審査員3人が終了時間ギリギリで笑ったが審議の結果タイムオーバーによりチャレンジ失敗になった経験がある。, 2009年1月31日放送のザ・ピンモネアに出場した際、かずやは1stステージ「テストを見回る教師」のシチュエーションで制限時間内に審査員を誰一として笑わすことが出来なかった。また、同日のピンモネアで相方であるたくやも4thステージ「DJ」のシチュエーションで制限時間内に審査員を誰一人として笑わすことが出来ず、兄弟揃って同じ日に同じ屈辱を味わうこととなった。, 2011年3月25日放送回の「ザ・イロモネア 笑わせたら100万円SP」の挑戦を最後にイロモネアには出演していない。, 初挑戦は2011年9月17日放送の『ザ・イロモネア2時間SP』。100万円獲得回数は1回。通算挑戦回数は8回(2017年時点)。, 初出場の2011年9月17日放送回から現在まで8回連続で番組に出場しており、現在番組の最多連続出場記録を更新中である。, 2012年3月29日の放送内で、lastチャレンジの「サイレント」で山本と馬場が飛び上がるネタで喋ってしまい、内村がネタを中断させるが、失格にはならず再チャレンジということになった。さらに、同じ回ではんにゃの川島も「サイレント」で喋ってしまうが、同じく再チャレンジとなり失格扱いにはならなかった(結果はどちらもlastチャレンジ敗退)。, 初挑戦は2005年4月5日放送の『ザ・イロモネア』。100万円獲得回数は0回。通算挑戦回数は7回(2017年時点)。, 特殊ルール回挑戦回数:『ザ・ピンモネア』=黒沢1回『なりきりモネア』=黒沢2回・村上・大島各1回, 特番初期の頃から出演しているが、イロモネアとは相性が悪く、FINALステージまで行けず1~3rdステージで敗退する事が少なくない。, 女性芸人でありながら下品なネタを披露することが多い。また「ショートコント」内などでは黒沢と大島が取っ組み合いの喧嘩をして、村上がただそれを止めようと傍観するコントを披露する事があるが、こちらも最終的には大島の下半身が強調されるため下品なオチになることが多い。, 初挑戦は2006年10月6日放送の『ザ・イロモネア4』。100万円獲得回数は1回。通算挑戦回数は7回(2017年時点)。, 特殊ルール回挑戦回数:『ザ・ピンモネア』=近藤2回・箕輪1回『なりきりモネア』=近藤・箕輪各1回, 自身の容姿を自虐的に扱ったネタを披露する事が多い。代表的なものとして「エジプトの壁画(はるか」「シュレックじゃね~よ!(春菜)」などがある。, 2008年4月12日の放送内で自身初となる100万円獲得を果たした。また、この回では各ステージ全てほぼ一ネタだけでクリアするという、驚異のスピードクリアを成し遂げた。, 初挑戦は2010年12月18日放送の『ザ・イロモネア2時間SP』。100万円獲得回数は0回。通算挑戦回数は7回(2017年時点)。, チャレンジの際は元々一発ギャグなどを得意とする又吉が大幅に活躍している。一方で綾部は又吉とは対照的に番組内ではスベリキャラ扱いされており、出すネタがことごとく滑る事が多い。, チャレンジの際には毎回最初に一発ギャグを選択し、綾部が決めポーズを決めながら「皆さん! - 新すぃ○○! 2008.04.14 Monday-10:45; comments(0) trackbacks(0)-by gdfgdrte; 『ウンナン極限ネタバトル! 【ザ・イロモネア】 2008年05月03日OA ジャリズムは「世界のナベアツ」として単独でも活躍する - 爆笑問題プレゼンツ・世界のゴールデンタイム!!超人気番組大集合スペシャル! 内村カレンの相席どうですか - 世間のナマ声 飛び込み調査 キキコミ! - 最先端IT情報SHOW 革命×テレビ - くらべるくらべらー - かってに!ブラボーAWARD - ショートストーリーズ - 小林麻耶の本に会いたい - 極上空間(ナレーション) - 1番ソングSHOW - Love in Action - テレビでロシア語 - バイキング - 痛快TV スカッとジャパン - 誰だって波瀾爆笑 - グッとラック! ザ・イロモネア7 笑わせたら100万円sp: 2組 第12回 2008年9月20日(土曜日) ウンナン極限ネタバトル! バラエティ動画・sp・他 (384) 歴史・ドキュメント・情報番組 (110) can!ジャニ (7) akbingo! 小林麻央 - 十一代目市川海老蔵 - 八代目市川新之助 - 四代目市川ぼたん - 吉川美代子 - 島田紳助 - 中居正広 - 明石家さんま, 3週目クリア芸人(太字は100万円獲得者。( ) の数字はゴールドラッシュ失敗回数), この回では芸人はクリアしたらフレンドパークのアトラクション挑戦権を獲得できるだけで賞金は出なかった。, 20:49 - 20:54に関東ローカルで事前枠『もうすぐイロモネア』を別途放送。, 4thチャレンジの「サイレント」で「あるある探検隊」をした際、セリフは出さなかったものの, モノボケ以外のすべてのジャンルでうどんを鼻から吸って口から出すというネタを行った。, 4thチャレンジ「モノボケ」において審査員3人が終了時間ギリギリで笑った。審議の結果残り1秒と判断されチャレンジ成功になった。, lastチャレンジ「サイレント」で声は出さなかったものの、バナナマンから「グラスを合わせる音が出ている」と物言いが付いた。結果は審査員5人中1人しか笑わずチャレンジ失敗により失格にはならなかったため、参加賞の賞金100円は獲得出来た。, この日、番組史上2組目の反則失格者となった(詳細は常連組のバナナマンの項を参照)。, ゴールドラッシュ昇格組としては初の100万円獲得者となった。更に5人組ユニット初の100万円獲得者でもある。, 2009年3月14日放送回1stステージ「ショートコント」で制限時間内に審査員が誰一人笑わずチャレンジ失敗となっているが、ここでも1stステージ「ショートコント」で制限時間内に審査員を誰一人笑わせる事が出来ずチャレンジ失敗となった(挑戦回数が2回以上で一人も笑わせたことのない組は彼らのみ)。, イロモネアとゴールドラッシュでは下から競り上がるステージに乗って芸人が登場するが彼女たちのみ普通にステージ横から登場した。, 4thチャレンジ「ショートコント」で、ネタ中に殴るフリをした村上の肘が亘の頬に当たり口から出血したため、クリア後に亘の出血が治まるまでチャレンジが中断するハプニングがあった(その後、Lastチャレンジで敗退)。また、1stチャレンジの「一発ギャグ」でも亘が言ったギャグの一部が効果音で修正される一幕があった。, 過去にレギュラー放送内のコーナー『ゴールドラッシュ』にて3週目クリアを果たしイロモネア出場権は獲得していたが、その後イロモネア本戦に出場する事無くレギュラー放送自体が終了してしまっていた。, 過去にレギュラー放送内のコーナー『ゴールドラッシュ』を1週目で敗退しているが、このように出場しているため、『ゴールドラッシュ』の戦績は今後は出場条件に無関係だと言える。, レギュラー放送時代の2009年1月17日放送回(サバイバルSP)や正月特番時代のゴールドラッシュなど過去にもチャレンジ成功者が0という事態は何度かあったが、特番枠で100万円獲得者が0というのはこの回が初である。, すべてのジャンルがモノマネ絡みのネタであると、他のチャレンジャーから物言いがついた。, 以前2010年1月3日放送回の新春イロモネアSPと2011年3月25日放送回のイロモネアSPに関根勤軍団の一員として出演していた。, コンビの内ちゅうえいのみ2011年3月25日放送回のイロモネアSPに関根軍団の一員として出演していた。また同様に、正月特番時代のゴールドラッシュにも出場経験あり。, 過去にレギュラー時代などのゴールドラッシュには出場経験はあったが、本戦出場は初めてであった。, 50万円の4thチャレンジの「サイレント」にて審査員5人中3人の笑いを取ったものの、挑戦時に残り40秒で中岡がえずいて咳をした行為に審議が入り、その結果, 但し、FINALステージまで勝ち進んだ芸人全員が必ずしも出場出来たという訳では無かった。例としてバッドボーイズ(2007年出場)やあべこうじ(2008年出場)などはゴールドラッシュ内でFINALステージまで勝ち進んだが、その後イロモネア本選には1度も出場経験が無い。, 後に2010年1月3日放送回の新春イロモネアSPに関根勤軍団の一員として出演し、賞金100万円を獲得している。, 正式にはトリオにもかかわらず能勢と加藤の2人のみで出場し、史上初めてメンバー全員が出演しないままイロモネア出場権を獲得した(もう一人のメンバーである中屋は活動休止やテレビ出演を自粛しているわけではなく、ライブなどでは3人で出演している)が、ピンモネア等を含む「○○モネア」に出場せずにレギュラー放送が終了してしまった。, この回にてガリクソンは「敗戦成績が2桁に達した」と発言しているが、正しくは「次回から挑戦回数が2桁になる」という事でこの回までの戦績は, 2008年5月3日の初挑戦以来およそ1年半、10度目の挑戦にしてようやくのクリアであり舞台が降りて行く際「ありがとうございます!本当にお世話になりました!」と叫びながらはけていっていた。, 総集編などの特番を除けばバナナマンは2011年9月17日放送回に挑戦者として出演して以来、約5年ぶりのイロモネア出演となった。また番組の冒頭では日村が久々にステージ上で「子供の頃の貴乃花」を披露する場面もあった。, 2008年9月20日、2009年6月25日、10月29日放送のイロモネアに出場経験あり, 1stチャレンジと4thチャレンジで、審査員3人が終了時間ギリギリで笑い、審議の結果チャレンジ成功となった。, 2ndチャレンジ「誰もいない部屋」でセットの窓から部屋に入ろうとした時、小道具のザルが落下し審査員3人が笑い岩尾が何もしていないのにクリアとなる珍事が起こった。, 2ndチャレンジ「誰もいない部屋」でセットの窓から着地した際に、弾みでベッドが壊れてしまうというハプニングが起きてしまった(その後のチャレンジはベッドが壊れた状態で行なわれた)。, 2ndチャレンジで敗退したが、lastチャレンジ進出者全員のチャレンジ終了後にエキシビションとしてlastチャレンジの「プロボウラー」の設定にチャレンジした(結果は審査員が誰一人笑わなかった)。, 3rdチャレンジの取調室のシチュエーションでパソコンのキーボードを叩いている劇団員のイスを引っ張った所、パソコンから離れてもキーボードを叩くジェスチャーをし続けそれに笑いがおきてクリアとなり他の芸人からブーイングが出た。またこの回の4thチャレンジでゴー☆ジャスが小さな地球儀を出し持ちネタを披露しクリアした際、またもブーイングが出た事で南原が「体に隠せる小道具はOK」というルールを発表した。, LastチャレンジのフレームIN・フレームOUTでチャレンジの途中で最初に選んだ小道具ではなく普段のネタで所持しているぬいぐるみを使用した(終了後に指摘されたがチャレンジ自体が失敗したために明確な罰則は無かった。しかし、放送時の画面には「失格」と表示されていた)。, 過去にゴールドラッシュで2週目で敗退となっているのにも関わらず出場している。この辺りの線引きは不明で、ルールとしてはかなり曖昧である。, 初期は1番から100番までの番号を付けられた観客の20刻み毎に一人ずつ選ばれていたが、やがてその境界を越えた選び方もされるようになった, この間、緊迫感をあおるようなBGMが流れ、観客がそれに合わせて手拍子をする(初期は手拍子はなし)。, 放送ではあまり映らないが、残り秒数と笑った人数を表示するディスプレイが置かれている。, 芸人が途中でチャレンジを諦めそこまでの賞金を持ち帰るという事例は、2017年現在一度もない。実質、100万円か100円ということになっている。, 物音に関しては、放送を重ねるごとに規制が緩くなっている。逆に物音で笑いを取りにいく芸人も時折見受けられる, ただし、同回のlastチャレンジの一発ギャグでは残り1人がどうしても笑わず、最終手段として結局『貴乃花』を披露していた(しかし結局クリアならず)。, モノボケでは跳び箱を使って「これテーブルに使えんじゃねぇかな?」と自虐ネタを披露、そしてサイレントでは火事でドロドロになった携帯電話を出し、それまで全然笑っていなかった残り1人の笑いを誘った。, なお庄司が2008年11月29日の「ザ・ピンモネア」に参加した際の紹介VTRでは「, もっとも竹山の場合は当時相方の中島が病気療養中だったため、やむを得ずピンで出場していた。, ゴルゴ曰く「(頭の)奥の方からフワサーっと出てきた」。また、これに対し内村は「あなたにはそれ(追い込まれた時の閃き)があるからな〜」と感心していた。, 2013年3月20日放送回にドランクドラゴンが100万円を獲得するまで、番組内で唯一トップバッターでの100万円獲得経験者であった。, 通常、番宣目的のゲストは主演の1人か2人がほとんどでレギュラー出演者が多数出演する番組は珍しい, http://dogatch.jp/blog/news/tbs/0904128094.html, http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090225-OHT1T00001.htm, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ウンナン極限ネタバトル!_ザ・イロモネア_笑わせたら100万円&oldid=80172772, 2006年〜2008年に正月の昼の時間帯(大体2~3日の昼12時頃)に放送されていた。イロモネア本選とはルールが異なり、各ステージ毎のジャンルは最初から指定され、そのステージ毎に失敗した者が脱落していくピラミッド方式が採用された(このルールは後のレギュラー放送内のイロモネア本選でも適用され、その時は, 優勝者(全ジャンルクリアを果たした芸人)には同年春に放送予定の「ザ・イロモネア」の出場権が与えられるが、, 2008年以降はレギュラー放送内で「ゴールドラッシュ」のコーナーが行われた為か、正月の時間帯に放送される事は無くなっている。また、そのレギュラー放送も2010年に終了してしまった為、その後暫くは「ゴールドラッシュ」が行われる事は無かった。しかし2013年3月13日に「ウンナン極限ネタバトル ザ・ゴールドラッシュ」という名で約3年振りに復活する事となった(詳細は後述)。, FINALステージまで進出したタカアンドトシ、POISON GIRL BANDの2組は「, また、この回FINALステージまで進出していないハリセンボン(1stステージ敗退)とザ・たっち(3rdステージ敗退)は2006年10月6日放送の「ザ・イロモネア4」に揃って出演しており、この辺の線引きは非常に曖昧である。ちなみにこの2組は2008年4月12日放送回に出演した際、揃って100万円獲得を経験している。, FINALステージ進出者の中ではFUJIWARAのみ、2007年3月放送の「ザ・イロモネア5」に出場を果たした。, また、この回3rdステージで敗退したチュートリアルは2007年9月放送の「ザ・イロモネア6」に出場しており、100万円獲得を果たしている。, FUJIWARAとアメリカザリガニは過去にイロモネア本選に出場した経験があり、「イロモネア本選からの降格」という意味合いが強い。, 村上ショージとバッドボーイズもFINALまで進出したが、本選への出場がない。尚、村上はかつて存在していた「ザ・ピンモネア」に出場経験がある。, FINALステージ進出者の中ではエド・はるみと大西ライオンが2008年4月放送の「ザ・イロモネア7」に出場を果たした。, また、同回にはゴールドラッシュの3rdステージで敗退した藤崎マーケットも初出場を果たしており、やはりこちらの線引きもかなり曖昧である。, キャン×キャン、TKO、COWCOWは同年に開始されたレギュラー放送内のイロモネア本選にて初出場を果たした。ちなみにTKOは2008年5月17日放送回にて、初出場で100万円獲得を果たした。, バッファロー吾郎は過去にイロモネア本選に出場した経験があり、番組内で木村明浩(現・, 2010年のレギュラー放送終了を最後に暫く行われていなかった「ゴールドラッシュ」だったが、2013年3月13日放送回にて約3年振りに復活を果たした。, 放送する時間が深夜帯に移り、また「ザ・イロモネア」本選放送の1週間前や前日に放送される事が多い。, チャレンジのルール自体が大幅に変更されており、正月特番時代はピラミッド方式(サバイバルルールとも言う)が採用されていたが、今回では, 2013年から3年連続で行われていたが、2016年のSP前には行われず、この年は通常通り「イロモネア」のみが放送された。その後2016年12月26日に約1年ぶりに復活し、司会もウンナンに変わり「ミスターイロモネア」ことバナナマンが担当する事となった, 後日放送される『ザ・イロモネアSP』本選出場を賭けた第一次予選会である。この予選会で勝ち上がった複数の芸人は、後日放送される『ゴールドラッシュ』の出場権が与えられる。, 制限時間は『イロモネア』と同じく1分間であるが、『イロモネア』のようにテレビ画面に残り時間の秒数は表示されない。, 「モノマネ」や「ショートコント」などの5つのジャンル関係なく、出場芸人は自身の珠玉の持ちネタを披露する事が出来る。, この予選会最大の特徴である審査方法であるが、観客100人の前に置かれたOMRONが開発した人間の喜怒哀楽の表情を感知・測定するシステム「, 長友光弘(響)[4] -唯一の男性出場者だが、この日は自身のキャラクターである『ミツコ』に扮して, 岸学(どきどきキャンプ)&チャンカワイ(Wエンジン)&松雪オラキオ(弾丸ジャッキー), 初挑戦は2005年1月3日放送の『ウンナン芸人道祭'05』。100万円獲得回数は3回(設楽はピンも含めると4回)。通算挑戦回数は16回、日村・設楽共にSPユニット(日村&バカリズム、なんでもアリタっ!)での出場を含めると17回(2017年時点)。, 特殊ルール回挑戦回数:『ザ・ピンモネア』=日村5回・設楽4回『ザ・グルモネア』=日村・設楽各1回『なりきりモネア』=日村2回・設楽1回『10モネア』=1回, 2007年3月23日の放送では、設楽の自宅が収録の6時間前に火事になり、そのまま収録へ向かうこととなった。モノボケおよびサイレントではその火事を自虐的なネタにして, 同回にて全芸人のチャレンジ終了後、番組内で司会者のウンナン含め挑戦者全員で上記の設楽が持つドロドロの携帯電話を使って番組初の記念撮影を行った。しかし、左端で「ちゃ~」のポーズを決めていた, 2008年4月26日の放送において2ndチャレンジ「一発ギャグ」で日村が「最低ソング」と称した『2億4千万の瞳』の替え歌を披露したがあまりに最低な内容だったため歌詞の一部が効果音で消され、日村の口元もタイトルロゴで隠される自主規制が行なわれた。, 2008年7月5日放送回では50万円の4thチャレンジのサイレントにて、残り8秒で日村が「, 上記の回で文字通り「失態」を起こしてしまった日村は2008年8月9日の放送内に登場した際にもウンナンにこの事を突っ込まれた(南原からは「問題児!

.

裁縫 初心者 手縫い, Php オブジェクト指向 入門, 高校入試 出る 順 数学, Vscode 差分ファイル 出力, Googleスライド 動画挿入 Iphone, 桐生 したみや クーポン, Androidシステム 空き容量わずか 通知,