■ ガソリンエンジン さっそく今回の改良で何が変わったのかまとめてみました。, ハイブリッド車の駆動用バッテリーがニッケル水素電池からリチウムイオン電池に変更されました。 2WD(CVT)  2,683,000円, ■ ハイブリッド ■ ガソリンエンジン オプションで合成皮革と抱き合わせなど条件ですったもんだあったシートヒーターですが、ようやくG”Z”は標準装備となりました。 ・グレーメタリック やっぱり17インチの選択肢が欲しいですね~, カローラスポーツ | G”Z”とG”Style Package”(Gスタイルパッケージ)を比較してみました, あなたの愛車、走行距離が 買い取られることもあります。. ディーラーで下取り価格が20万円だった車が ・プラチナホワイトパールマイカ(有料色) 今回のトピックはGグレードに特別仕様車が設定されたことでしょうね。, リチウムイオン電池への変更は、効果を考えれば現行オーナーはあまり気にするレベルではないでしょう。, 個人的に、グレーメタリックが最初から設定されていたならば間違いなく選んでいただけに羨ましいです。, カローラスポーツは、ホイールの選択肢が超絶少ないので、オプションで何か追加されたかも?と期待しましたが残念ながら変化なし。 その反面、低温に弱いデメリットがあります。 買取業者が70万円で 2WD(CVT)  2,583,000円, ■ ハイブリッド 2WD(6MT)  2,169,000円 たとえ10万キロや20万キロであろうと、 2WD(CVT)  2,400,000円, カローラスポーツにおいて2020年6月の一部改良の内容についてまとめてみましたがいかだったでしょうか?, 登場から約2年が経過しましたが、今回はあくまで改良でありマイナーチェンジではありません。 2018年6月に登場したトヨタのカローラスポーツも2年目に差し掛かり、新たに特別仕様車G"Style Package"が2020年6月1日に登場します。 そのカローラスポーツの特別仕様車について情報をまとめてみました。 2020.6.1 更新 カローラスポーツ 特別仕様車G"Style Package"が登場! Impress Corporation. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ■ ハイブリッド クルマ一括査定サイトを利用して ・エモーショナルレッドⅡ(有料色), ■ ツートーン スカーレットメタリックはいい色だったので残念!, ■ モノトーン ・シアンメタリック+アティチュードブラックマイカ(有料色) カローラスポーツに採用された新開発の6速MT トルク容量280Nmの新開発6速MTはケースやハブの薄肉化により、従来型より重量を7kg軽い40kgに軽量化。� またリバース用シャフトを追加するなど全長短縮も図っており、同じく24mm短い372mmとした。 FJクルーザーのスタッドレスタイヤは17インチがベスト!20インチは選択肢が少ない, ヴェゼルのフルモデルチェンジは2021年5月頃か 1.0Lターボやe:HEVハイブリッド搭載, ミニバンタイプの外車ランキングトップ11 日本でも乗りやすいサイズの人気車種を厳選. 行動派のドライバーにとってヤリスクロスで車中... 2020年2月にデビューした新型ヤリスのクロスオーバーとしてヤリスクロスが発表されました。 カローラスポーツのスタッドレスのおすすめでは、2019年9月17日に一部改良して発売された新型モデルに適合するスタッドレスタイヤを紹介。スポーティな走りのカローラスポーツには、ブリヂストンやミシュランなどの氷上性能に優れたスタッドレスがおすすめ。 カローラスポーツにおいて2020年6月の一部改良の内容についてまとめてみましたがいかだったでしょうか? 登場から約2年が経過しましたが、今回はあくまで改良でありマイナーチェンジではありません。 2WD(6MT)  2,340,000円 2WD(CVT)  2,760,000円 WLTC高速 28.3 (28.8) km/L, リチウムイオン電池はニッケル水素に比べて充電速度が優れているのでEV走行できる頻度が増えそうです。 扱いやすいサイズというこ... トヨタのヤリスクロスは、手頃な価格とサイズからライズに続いて注目を集めています。 2WD(CVT)  2,566,000円 2WD(CVT)  2,488,000円 トヨタ、6月26日同時発売の“初代コネクティッドカー”新型「クラウン」「カローラ スポーツ」説明会 2018年6月26日 マイカーがLINE友だちに。 2WD(CVT)  2,385,000円 エクステリア・インテリアとも、ほぼ最上級グレード同等の装備 2018年6月の発売以来、カローラのイメージを変え続けているカローラスポーツ。 買取業者を見つけてください!! ・スーパーホワイトⅡ ・アティチュードブラックマイカ 重量で約10kgの軽量化となりましたが、燃費はほぼ変わりません。, WLTC総合 30.0 (30.0) km/L 2WD(6MT)  2,440,000円 トヨタのカローラスポーツが一部改良により、2019年9月17日に発売されました。新たに登場したエモーショナルレッドⅡとブラックルーフとのツートーンが、コンパクトなハッチバックのボディをスポーティに演出。この冬におすすめのスタッドレスで、ウインタードライブを満喫してはいかがでしょう。, ここでは、カローラスポーツの純正サイズ「205/55R16」「225/40R18」「195/65R15」に適合するスタッドレスタイヤを紹介。来たる冬に備えて、新しいカローラスポーツの冬タイヤをチェックしましょう。, カローラスポーツのベースグレード「ハイブリッドG」「G」には、205/55R16タイヤが標準装備されています。カローラスポーツへのおすすめは、国内メーカーを中心とした高性能のスタッドレスタイヤです。, ブリヂストンからはブリザックと呼ばれるブランドが冬タイヤを担当していて、降雪地帯で装着率の高いスタッドレスタイヤです。VRX2は、装着初期段階からトレッド面が氷上に効く設計になっているので急な降雪でも安心して乗ることができます。, 従来製品のVRXより氷上ブレーキ性能が10パーセントアップしていて、カローラスポーツの走行音も静かになっています。タイヤの減り具合も22パーセント良くなったので3年のロングライフを実現しています。, ヨコハマタイヤのアイスガード6は、カローラスポーツの1.2Lターボに適合するサイズがラインナップしていて、従来製品よりもロングライフ・氷上性能アップ・燃費性能アップ・騒音低減など様々な能力がパワーアップしています。, 吸水ゴムを採用しているので、氷とタイヤとの摩擦によって溶けた水を吸い取り、路面が濡れた状態を除去するので、滑りにくいスタッドレスタイヤになっています。アイスガードファイブプラスより15パーセント制動距離が短いテスト結果が出ているので、より早くカローラスポーツが止まりやすい冬タイヤです。, 新素材のゴムを使用し経年劣化が少ないダンロップのウィンターマックス02は、ダンロップのスタッドレス史上アイスブレーキが1番効く冬タイヤで、柔らかいゴムが長持ちするので性能も持続するスタッドレスです。, 旧製品よりも特に伸びたのが氷上性能とブレーキの効きで、しっかりと保管してローテーションも行うとより長持ちするのでカローラスポーツのコストパフォーマンスのいい冬タイヤです。, グッドイヤーのアイスナビ7は氷上ブレーキ性能が向上し、圧雪でのカローラスポーツの走行は安定していて走りやすく、ウェットブレーキ性能は従来製品よりも4パーセント向上、転がり抵抗が4パーセント低減しているのでカローラスポーツの燃費性能も向上しています。, 50%摩耗でも効果が持続する国外メーカーでおすすめのミシュラン エックスアイス3+, ミシュランマンとも呼ばれるビバンダムをサイドウォールに描くミシュランのエックスアイスは、新品装着から限界の50パーセント摩耗までしっかりとアイスブレーキが効きやすい性能を持っています。Mチップと呼ばれる空洞を作るチップが溶けることで表面に穴が出来て、その穴に水分を吸い込み凍結路面に密着します。, 常にMチップが溶けた穴が表面にあるので氷上性能は長く続き、50パーセント摩耗までパターンもしっかり残っているのでプラットフォームが露出する時までしっかりと効きが長持ちするタイヤです。エクストラロード規格(XL)を採用しているのでカローラスポーツに装着する際には、充填する空気圧を高めにする必要があります。, カローラスポーツの上級グレード「ハイブリッドG“Z”」「G“Z”」には、225/40R18が標準装備されています。全てのグレードの中で、最も薄い扁平タイヤとなっています。, 偏平率が薄いスタッドレスタイヤはラインナップに乗っていることが少ない中、ブリヂストンのVRX2は18インチの薄いスタッドレスタイヤもしっかり生産しています。凍結路面でカローラスポーツがしっかりと止まれることはもちろん、カーブでも膨らみにくく非対称サイド形状になっているので乗り心地にも気を配っている冬タイヤです。, 全ての雪道を想定して開発されたオールマイティーな冬タイヤがヨコハマタイヤ アイスガード6, ヨコハマタイヤのスタッドレスタイヤであるアイスガード6は、左右非対称パターンを採用していてカローラスポーツの車体内側に入るIN側では凍結路面やウェット路面の接地性を向上させるパターンを、車体外側のOUT側は雪上路面や濡れた路面に効くパターンを採用しています。, 降り始めの雪、固まった雪やアイスバーン、溶けかけのべちゃべちゃ路面など全ての冬道に効くのでカローラスポーツで安心して走行することができます。エクストラロード規格(XL)を採用しているので通常の空気圧より高めの設定が必要ですので、カローラスポーツに装着する際は注意してください。, ふらつきやすい雪道でもカローラスポーツをしっかりコントロールできるダンロップ ウィンターマックス02, 偏平率40パーセントのタイヤは、サイドウォールの部分が薄いのでホイールのリムをガリッと擦って傷つけないか心配になりますが、ウィンターマックス02の「225/40R18」ではカローラスポーツに装着しているホイールのリムを保護するリムプロテクターがついているので安心感があります。, 肝心の冬タイヤ性能は、先代のウィンターマックス01よりもアイス路面に強くなり、止まるだけではなく曲がる時もカローラスポーツの車体をコントロールしやすいスタッドレスタイヤです。, 低偏平率のタイヤはスポーツタイヤやサマータイヤでのラインナップが多い中、グッドイヤーのスタッドレスタイヤであるアイスナビ7はしっかりと冬タイヤのサイズにリストアップされています。従来製品よりもライフ性能が伸びていて、スタッドレスタイヤとしての性能もアップしています。, タイヤ自体の価格は他のメーカーより安い傾向にあるので、カローラスポーツユーザーにとってコストパフォーマンスもいい冬タイヤです。, カローラスポーツのエントリーグレード「ハイブリッドG“X”」「G“X”」には、195/65R15タイヤが標準装備されていて、高扁平な分、路面からの衝撃を吸収されて快適な乗り心地が楽しめます。, さっそく、カローラスポーツの15インチの標準タイヤに適合するスタッドレスタイヤをチェックしていきましょう。, ブリヂストンのブリザックVRX2は、モデルチェンジするごとに氷上性能や雪上性能が進化してきたカローラスポーツにぴったりのスタッドレスタイヤ。VRX2では前モデルのVRXよりもカローラスポーツでの氷上ブレーキが10%短縮・静粛性が1.6db低減・耐摩耗性が22%向上しています。, VRX2はIN側とOUT側が決まっている非対称形状で、スタッドレスタイヤに起こりやすいふらつきを抑制したモデルで、実際にカローラスポーツでドライ路面を走ってみると安定感のあるフィーリングを実感できます。, 氷上性能と雪上性能が高くカローラスポーツに人気の冬タイヤがヨコハマタイヤ アイスガード6 iG60, ヨコハマタイヤのスタッドレスタイヤであるアイスガード6は、滑りやすい氷の上でのブレーキやコーナリングで、カローラスポーツが思い描いた通りの軌跡を描いてくれるタイヤで、非対称形状を採用していて氷上性能・雪上性能どちらも高める設計になっています。, 新しく採用したオレンジオイルSにより冬タイヤの命でもある柔らかさを持続し4年後までも効果を持続させることができます。冬道は凍結路面やスノー路面ばかりではなく、ロードヒーティングで溶けた道があるウェット路面もありますが、従来製品よりもウェット性能が高まっていてカローラスポーツの制動距離が短く止まりやすくなっています。, 新しいゴム設計でライフ性能が長くコスパ抜群なのがダンロップ ウィンターマックス02, ダンロップのウィンターマックス02は先代のウィンターマックス01よりも総合的に性能がアップしたスタッドレスタイヤで、特にカローラスポーツでの氷上性能と効き持ち性能がアップしています。ゴムの高密度化により摩耗しにくくなっていてロングライフな冬タイヤになりました。, MAXXグリップパターンが雪上性能を確保し、道を通ったパターン跡がしっかりと雪に残るほどトラクションが高い設計で、新しいゴムの設計でオイル浸出が少なく抜けも少ないので柔らかさが持続するスタッドレスタイヤとなりました。, トーヨータイヤのウィンタートランパスTXは背の高いハイト系のミニバン向けに設計されているスタッドレスタイヤですが、乗用車のカローラスポーツでも適合するサイズがあります。左右非対称構造を採用していてIN側にはスーパーソフトコンパウンドを、OUT側にはソフトコンパウンドを装備しているのでカローラスポーツが凍結路面からの発進もしやすく、コーナーでのふらつきを低減してくれます。, 値段も比較的安い傾向にあるのでコストパフォーマンスも高いスタッドレスタイヤで、従来製品に比べて凍結路面での制動性は12%アップ、コーナリング性能は8%向上していて安心感もあります。, 一般的に偏平率40パーセントのタイヤよりも55パーセントのタイヤのほうが地面からの衝撃を吸収して乗り心地もいい傾向にあります。冬道は雪が降ったり、日照りで氷が溶けたり、日陰でいきなり凍結路面になるなど常に路面状況が変わっているので、デコボコ道も出現しやすくなります。, 16インチと18インチタイヤでは偏平率が15パーセントも違い、16インチのほうがサイドウォールの厚みがありますので地面からの衝撃も吸収しやすく、リムと地面が離れているのでカローラスポーツのホイールも傷つきにくい傾向にあります。, 値段も16インチタイヤのほうが安いので、18インチタイヤが標準装備の1.8Lハイブリッドモデルでも冬は16インチのホイールとタイヤを履くことで乗り心地も良くコストパフォーマンスもいいでしょう。. WLTC市街 29.5 (29.4) km/L All rights reserved. カローラスポーツにおいて2020年6月の一部改良の内容についてまとめてみましたがいかだったでしょうか? 登場から約2年が経過しましたが、今回はあくまで改良でありマイナーチェンジではありませ … コンパクトSUVの新型モデルとしてトヨタからライズが2019年11月に登場しました。 ・エモーショナルレッドⅡ+アティチュードブラックマイカ(有料色), 引用:https://toyota.jp All rights reserved. ちなみにカローラ/カローラツーリングの電池容量は3.6Ahですが、カローラスポーツは4.0Ahと大きいものが採用されています。, それと引き換えにホワイトパールクリスタルシャイン、オキサイドブロンズメタリック、スカーレットメタリックの3色が廃止されました。 スポンサードリンク 2WD(CVT)  2,841,000円 2WD(CVT)  2,764,000円, ■ ハイブリッド エクステリア・インテリアとも、ほぼ最上級グレード同等の装備 2018年6月の発売以来、カローラのイメージを変え続けているカローラスポーツ。 ただ内装についてはバリエー... 待ちに待ったトヨタの新型SUV ヤリスクロスが発売されました。 トヨタ、6月26日同時発売の“初代コネクティッドカー”新型「クラウン」「カローラ スポーツ」説明会 2018年6月26日 マイカーがLINE友だちに。 WLTC郊外 33.8 (32.9) km/L ・シアンメタリック prius, トヨタのカローラスポーツが2020年6月1日に特別仕様車の設定とともに一部改良が実施されました、 ■ ガソリンエンジン Copyright ©2018Impress Corporation. ただし車両本体価格もしっかりシートヒーター分値上げされているので手放しでは喜べないかも?. Copyright © 2017-2020 COBBY All Rights Reserved. オーリスの後継モデルとして2018年6月に発売されたトヨタの新たなcセグメント5ドアハッチバック、カローラスポーツ。同車には発売2ヵ月後、シフトチェンジ時の回転合わせを自動で行う「imt」を採り入れた新開発の6速mtを搭載したモデルが、1.2lガソリンターボ車に追加されている。 ・シルバーメタリック ・ブラキッシュアゲハガラスフレーク(有料色) ・プラチナホワイトパールマイカ+アティチュードブラックマイカ(有料色) マイナーチェンジした新型カローラスポーツは2020年6月1日に発売され、価格は2,169,000円~2,841,000円。 特別仕様車の「G“Style Package”」は2,440,000円~2,760,000円となっています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2017-2020 Attract Car.All Rights Reserved. 2WD(CVT)  2,485,000円 2018年の6月に発売されて大きな話題を集めたハッチバックのカローラスポーツが早くも2019年の9月に一部改良を行いました。 フルモデルチェンジが行われたカローラとカローラツーリングにあわせての一部改良で、新しい改良点に注目が集まっています。 発売から1か月で月販目標の4倍となる約9200台の受注があったという新型「カローラ スポーツ」。同時に登場した「クラウン」が同7倍の約3万台もの受注を達成したことで少々かすんでしまったが、まずまずの滑り出しではないかと思う。, 先だってお伝えしたプロトタイプの試乗に次いで、あらためて目にしたスタイリングは、やはりなかなか印象的だ。よりこなれたように感じられるキーンルックによるフロントフェイスや微妙な膨らみを与えたボディサイド、生産技術の進化により独特の深絞りを実現した樹脂製バックドアを持つリアビューなど、このクルマがいかに造形に凝ってデザインされたのかがヒシヒシと伝わってくる。, 室内空間は視界が良好で開放感もあり、サイズ以上に広く感じられる。このクラスとしてはなかなか質感の面でも頑張っているところも好印象だ。また、今回は事情によりほとんど試せなかったのだが、このクルマのウリであるコネクティッド機能はカーライフに変革をもらたす可能性があると思う。いずれぜひ確かめてみたい。, 公道試乗に先立って、プロトタイプを富士スピードウェイのショートサーキットでドライブしたときの印象は上々で、「TNGA(Toyota New Global Architecture)」第3弾として段階的にしっかり進化していることも感じられた。中でも、通常はスムーズで荷重がかかるとフリクションが増して硬くなるという特性を持つオイルを用いた新開発のショックアブソーバーを興味深く感じた。実際に富士スピートウェイでは、しなやかさを感じさせながらも攻めたコーナリングでもしっかりロールが抑え込まれているなど、謳っているとおりの走りを実現していて感心させられた。, ただし、路面の非常にきれいなショートサーキットではリアルワールドでの乗り心地はよく分からない。そこで、公道で乗るとどうなのかが気になっていたのだが、やや予想とは違った部分もあったことをお伝えしておこう。というのは、ごく普通の路面でしなやかなのはおおむねよいのだが、瞬間的に強い入力があると硬くなってしまい、突き上げを感じるシチュエーションもあったからだ。, アンジュレーションのある路面では、抑えの効いていないような不規則な周期のゆるい振動が見受けられた。ところが、さして大きくない段差や突起を通過しても不意に衝撃を伴うことに驚く状況もあったほどで、いささかスイートスポットの見えにくい乗り味だったように思う。あくまで一般道を短い時間ドライブした限りでの話だが、正直、富士スピードウェイでの印象がとてもよかったことからすると、公道での乗り心地は期待したほどではなかったのは否めない。, 今回に関しては16インチ仕様よりも、18インチ仕様のほうがマッチングとしてはよかった。一般道ではお伝えしたような状況で、今回は事情により高速道路を走れていないのだが、高速巡行ではまた違った側面を見せるのかもしれない。これもいずれぜひ試してみたいところだ。とにかく、相反する要素がいろいろある中で、理想の足まわりを作るというのは、やはり難しいことなのだと思わずにいられなかった。, 一方で、富士スピードウェイでも上々だったステアリングフィールは、公道での印象も申し分ない。微舵の領域から比較的リニアに応答し、フリクション感が小さく、正確性に優れることに加えて、戻り制御を得たことでさらにフィーリングがよくなっている。保舵力も適度で、接地感まで増したように感じられるほどだ。走りを求める人だけでなく、ごく普通のドライバーにとっても、車両の動きが掴みやすくなるので挙動が乱れにくくなり、修正舵を要する状況が劇的に減るはず。ゆえに同乗者にとっても不要に揺すられることが減るなど、恩恵をもたらすことは確実だ。, 戻り制御というのは欧州車ではコンパクトカーでも採用例が多いのに対し、日本車はまだまだ少ないのだが、絶対的によいものであることは間違いない。ただし、開発には手間を要する。実はTNGA第2弾の「C-HR」にも採用したかったそうなのだが、時間が足りなかったらしい。その意味では、カローラ スポーツを買った人はちょっとトクした気分になってもイイってもんだ。, 今回は、18インチ仕様のハイブリッドモデルと16インチ仕様のガソリンモデルのCVTモデルに乗ったのだが、動力性能についても、公道のように現実的な状況でごく普通に走ると、富士スピードウェイでドライブした時とはまた違ったことを感じた。, 富士スピードウェイでは、低速トルクはあるがちょっと車重のあるハイブリッドと、軽くて上で伸びるガソリンと、両車のキャラクターがことのほか対照的であることを興味深く感じ、どちらが速いのだろうと思ったりしたものだった。, 公道でドライブしてもその印象は同じで、ガソリンは上まで気持ちよく回ることに変わりはないが、低回転域が薄いのに対し、ハイブリッドはモーターならではの力強いトルクで引っ張ってくれる。また、改良の進んだ最新のTHS IIはレスポンスが比較的リニアになったこともあって、いたって乗りやすい。, 燃費についても、正確に計測したわけではないが、感触としてはハイブリッドのほうがだいぶよさそうだった。発進と停止を繰り返す市街地で乗るには、やはりハイブリッドのほうがメリットは大きいと言えそうだ。, 全体としてはそつがなく、“ベーシックカー”としての完成度はまずまず。そして、魅力的なSUVやハイトワゴンも多々ある中で、トヨタが訴求したいと考えている若い層にとって、このクルマがどれだけ響くのか、今後の動向を見守りたく思う。, 1968年 富山県生まれ。学習院大学を卒業後、自動車情報ビデオマガジンの制作、自動車専門誌の記者を経てフリーランスのモータージャーナリストとして独立。国籍も大小もカテゴリーを問わず幅広く市販車の最新事情を網羅するとともに、これまでプライベートでもさまざまなタイプの25台の愛車を乗り継いできた。それらの経験とノウハウを活かし、またユーザー目線に立った視点を大切に、できるだけ読者の方々にとって参考になる有益な情報を提供することを身上としている。日本自動車ジャーナリスト協会会員。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。, 初期型NDロードスターのオーナー目線で新型「ロードスター」「ロードスター RF」に乗ってみた, トヨタ、「カローラ スポーツ」のワゴン仕様「カローラ ツーリング スポーツ」をパリモーターショー 2018で公開, 西村直人の新型クラウン&カローラ スポーツで「コネクティッドカー」を体感。オペレーターはおもてなしの心, トヨタ、新型車「カローラ スポーツ」発売1カ月で約9200台受注。月販目標の約4倍, トヨタ、菅田将暉さんと中条あやみさんを起用した新型車「カローラ スポーツ」TV-CM放送開始, トヨタ、12月発売の新型車からLINEのAIアシスタントを用いた新サービス「Clova Auto」導入, 「この指止まれ!」とトヨタ 豊田章男社長が自動車の未来について熱く語った、新型「クラウン」、新型車「カローラ スポーツ」発表会, トヨタ、6月26日同時発売の“初代コネクティッドカー”新型「クラウン」「カローラ スポーツ」説明会, トヨタ、“新世代ベーシック”「カローラ スポーツ」。LINEでカーナビの目的地登録もできる初代コネクティッドカー, トヨタの新型「カローラ ハッチバック(仮称)」(プロトタイプ)は“走りのクルマ”に進化した, トヨタ、「コネクティッド」「クルマ本来の楽しさ」の2軸で作り上げた新型「カローラ ハッチバック(仮称)」説明会, 【ニューヨークショー 2018】トヨタ、新型「カローラ ハッチバック」を初公開。日本で初夏発売予定.

.

パピヨン 3ヶ月 体重 7, 二条城 天守閣 復元 6, 上司 呼び方 社外 40, マイクラ 邪悪な村人 凶兆 9, Multiple Themes 使い方 52, 吉田拓郎 生き てる 4, 日本 武道館 小 道場 6,