一般的にモデルサイクルが長めの傾向があるトラックの中で多くのモデルチェンジを行いニーズに合わせながら進化を続けているのが三菱キャンターです。新車・中古車を含めたトラック市場の中で高く評価される三菱キャンターの特徴や人気の秘密に迫ります。 埼玉県川越市新宿町5-16-17. エルフは小型トラックの王者とも言える存在。 15年連続販売台数No.1という記録が何よりもそれを証明しています。 人気の秘密は徹底的にこだわった燃費性能。 アイドリングストップはもちろんのこと、 まだまだ利用者の多い5MTにも電子制御システムを採用。 道路勾配などに応じてエンジントルクや加速度を制御し、燃料消費を抑えています。 前回紹介したキャンター同様に、エルフもハイブリッドモデルを用意。 その燃費はキャンターを超える13.0km/Lとクラストップです。 なんとEV走行も可能で本当 … Copyright (c) トラックタイヤのヘラクレス all rights reserved. 2トントラック購入考えてますが、どっちがいいでしょう。かつての経験ではエルフはエンジンが滑らか、高回転、キャンターはトルクのある、骨太なうるさいエンジンだったような。でもエルフはセンターコンソールが張り出していて、シート 三菱ふそうキャンター(CANTER)は、三菱ふそうトラック・バス株式会社(MFTBC)が製造・販売する小型トラックです。 三菱ふそうブランドでは唯一欧州で販売されている車種で、アジアの発展途上国や北米など、多くの国で活躍しています。 〒350-1124 三菱ふそうキャンター(CANTER)のタイヤを買うなら「タイヤ&ホイールの激安価格通販・ヘラクレス」で決まり!, 日野の大型トラックのタイヤサイドに亀裂発生のためタイヤ交換を行いました[245/70R19.5], 大型トレーラーのタイヤパンク修理とタイヤ交換(ヨコハマタイヤ MY777)を行いました![11R22.5], 日野 デュトロにおすすめ!メッキホイールとブリヂストンのM810を装着しました[225/60R17.5]. さらに、エルフは買いたくないので (もう一台、旧型のキャンターがあるので) 、買ったヤツを売って、それを元手に程度の良い旧型の中古を探そうという、もう更新と言う概念からは本末転倒な意見まで出てしまっている状況なのだ。 タイヤガーデン川越 トラック・バス・ダンプ・トレーラー・バン・フォークリフト・トラクターなど商用車タイヤ通販の専門店「トラックタイヤのヘラクレス」, インドネシア市場では40年以上にわたってトップシェアを守り続けており、海外人気が非常に高いイメージのある「三菱ふそう(FUSO)キャンター」(CANTER)。, もちろん日本でも、いすゞエルフや日野デュトロと並び、大変人気のあるトラックとして知られています。, 今回は、国内外で愛される三菱ふそうキャンター(CANTER)の人気の秘密を探ってみましょう。, 三菱ふそうキャンター(CANTER)は、三菱ふそうトラック・バス株式会社(MFTBC)が製造・販売する小型トラックです。, 三菱ふそうブランドでは唯一欧州で販売されている車種で、アジアの発展途上国や北米など、多くの国で活躍しています。, 三菱ふそう(FUSO)トラック・バス株式会社は、ドイツの自動車会社ダイムラーの連結子会社で、トラックやバスなどの商用車、および産業用エンジンのメーカーです。, 1963年から製造され、その性能と信頼性の高さから国内外で絶大な人気を誇るキャンター。, 街を走っているキャンターは、トラックとしてはカラーバリエーションが多く、デザイン性が高い印象がありますが、他にはどのような長所があるのでしょうか。, 2018年型キャンターから、GVW(車両総重量)7.5t超車両の排出ガス規制に対応させるため、該当車両には改良型4P10(T6)エンジンを搭載。, 平成28年排出ガス規制に適合しました。排ガスをクリーンにするため、マフラー内で排気の後処理を行う最新技術「BlueTec(R)テクノロジー」を採用しています。, 平成22年(ポスト新長期)排出ガス規制をクリアし、低排出ガス車認定車(NOx & PM 10%低減)も取得。, ポスト新長期規制値より、NOx30%または10%低減レベル、PM30%低減レベルを達成しました。, これによって、九都県市指定低公害車(平成21年基準)を取得。エコカー優遇税制と低燃費トラック補助金制度対象車になっています。, 操作が簡単で使い勝手の良い「トルコン式AT」と、燃費が良い「MT」のいいとこ取りをした、デュアルクラッチ式AMT「DUONIC 2.0」を採用。, 操作性と燃費の良さを両立しています。また「エコモード」を装備することによって、より燃費を抑えた走りが可能になりました。, さらに「低排出ガス車認定車(NOx & PM 10%低減)との組み合わせで、エコカー減税の対象になっています。, エコハイブリッド車は全車が新エコカー減税の「免税」となるなど、燃費だけでなく税制面からみても、経済性が良く、そこが最大の魅力ですね。, 衝突の危険を察知すると、走行状況に応じて、ドライバーに警告し、ブレーキを自動的に作動。, An army of Fuso trucks lined up and ready to go!#fuso #fusotrucks #trucks pic.twitter.com/3Dj9tTmMaN, — FUSO Official (@FusoOfficial) June 17, 2019, ボディーの種類も多岐にわたり、用途にピッタリの一台が見つかりそうです。各車種とボディーをみていきましょう。, 「標準キャブ」は、全低床、フルタイム4WD仕様。標準ボディー/セミロングボディー/ロングボディーから選べます。, 「ワイドキャブ」は、高床、パートタイム4WD仕様。 ロングボディー/超ロングボディーがあります。, 「ワイドダブルキャブ」と「標準ダブルキャブ」はロングボディーのみ。「ワイドダブルキャブ」は超ロングボディーです。, 「4WD 標準ダブルキャブ」は全低床、フルタイム4WD仕様。 セミロングボディー/ロングボディーから選べます。, ルーフに一枚構造のアルミパネルを使用した安心の密閉構造を施した「アルミコルゲートバン / アルミフラットバン」。, 断熱構造を採用した「保冷バン」、荷室内の温度管理が0°Cまで可能な「冷蔵バン」、マイナス約20°Cまでの温度管理が可能な「冷凍バン」があります。, また、人気の装備をパッケージングした、お得な「ドライパック」やボタンひとつで素早く側面が開放する側面全開の「D WING」などのラインナップも。, 3.2mm厚のデッキパネルを採用した「標準キャブ」は支柱付き/支柱無し、全低床/高床から選べます。, リヤゲートがフルオープンする、「連動リヤゲート付き強化ダンプ」は全低床/高床があります。, 水気を含む砂利や粘土の運搬に最適な「舟底強化ダンプ」、かさばる荷物の運搬に最適な「拡幅強化ダンプ」は高床のみ。, また、4t積載車では、一方開/三方開から選べる「ワイド強化ダンプ」(高床)、「連動リヤゲート付きワイド強化ダンプ」(高床)のラインナップ。, 環境性能の良さと、安全性能、豊富なボディーラインナップが魅力的なキャンター。海外のみならず、国内で大きなシェアを誇っているのも納得できますね!, 三菱ふそうキャンター(CANTER)に装着することが多いタイヤを、当ヘラクレスの商品ページからピックアップしてご紹介します。, キャンターに乗っている方、キャンターへの乗り換えをご検討中の方、会社でキャンターのタイヤ購入をご担当されている方は、ぜひご購入時の参考にしてください!, トラックの安全性や走行性は昨今大きな進化を遂げています。とはいえ「タイヤ選び」も重要です。, どんなに高性能を誇るトラックでも、タイヤの選び方次第では、性能を最大に引き出せないこともあるからです。, タイヤのことなら、ぜひ専門店におまかせください。当ヘラクレスの運営を行っているのは、埼玉で創業60余年のタイヤ専門店「相広タイヤ商会」。熟練のスタッフがご相談に応じます!, トラック・バス・ダンプ・トレーラー・バン・フォークリフト・トラクターなど 商用車タイヤ通販の専門店, 株式会社相広タイヤ商会 トラックはモデルサイクルが長い傾向にあり、リリース後平均10年間はフルモデルチェンジが行われない中で、1963年の初代モデルのリリースから現在まで7度のフルモデルチェンジを行いながら市場のニーズに応え続けているのが三菱キャンターです。, 新車販売台数も非常に多いことから中古トラック市場への車両流入も活発で、多くの三菱キャンターが中古トラック販売店で取り扱われている人気の中古トラックだと言えるでしょう。新車・中古車市場を問わず高く評価される三菱キャンターの特徴や人気の秘密に迫ります。, 三菱ふそうの人気車種キャンターの歴史は、1963年に三菱重工業からリリースされた初代モデルから始まり、その後三菱自動車工業に引き継がれ5回のモデルチェンジの後に現在の三菱ふそうでのモデルチェンジで生まれた現行モデル8代目キャンターに続いています。, 3つの会社で製造販売され合計7度のモデルチェンジが行われたにもかかわらず、一貫してキャンターの名称が引き継がれているのはキャンターの高い知名度とブランドイメージがあったからだと考えられます。, 直列4気筒1986ccの4DQ1型ディーゼルエンジンを搭載した初代キャンターは1963年に三菱重工業からリリースされ、翌年にはマル目2灯からマル目4灯へのマイナーチェンジが行われました。, デビュー5年目の1968年には初のフルモデルチェンジが行われ、2代目キャンターがリリースされガソリンエンジン搭載車も追加されます。1970年に三菱重工から独立した三自動車に生産が受け継がれ新開発のディーゼルエンジン4DR5 2.7L がキャンターに搭載されます。, Vキャンターと呼ばれ大ヒットとなったのが3代目キャンターで、ガソリン車には三菱自動車の人気車種ギャランと同じ4G52型が採用され昭和50年排ガス規制に適合、1976年に後輪に小型ダブルタイヤを装着した超低床車が2トンディーゼル車に設定されました。, イメージカラーが黄土色だったため「黄金キャンター」と呼ばれ親しまれたのが4代目キャンターです。3トン車とワイドキャブが設定され1980年のマイナーチェンジではワイドキャブ車にパワーステアリングがオプション設定されました。また1980年のマイナーチェンジでは1.5トン・3.5トンの車両が追加され、1982年にはディーゼルターボエンジンが投入されました。, 伝統のマル目4灯から異形角形2灯ライトに変更され大きく変貌したのが5代目キャンターです。外観だけではなく一部車両にフロントディスクブレーキを採用し、コラムシフトからフロアシフトへの変更が行われました。1989年のマイナーチェンジで平成元年排出ガス規制適合、1991年にはパワーウインドーを全車に標準装備しABSがオプション設定されました。, 三菱自動車が特許を持つツインキャリパー式ディスクブレーキを応用した「ベンチレーテッドディスクブレーキ」がフロントブレーキに採用され、大きな制動力を実現したのが6代目キャンターです。1995年には4トンワイドキャブ・3.5トン標準キャブ車、1996年にはLPG車、1997年には CNG(天然ガス)車が相次いで投入され、平成6年・平成10年の排ガス規制にも適合しています。, 大型のつり目状ヘッドライトの採用や世界で初めてインパネシフトを小型・中型・大型のキャブオーバートラックに搭載するなどイメージを一新したのが7代目キャンターです。2003年に三菱自動車から分社した三菱ふそうに生産が移ったため、三菱自動車で製造された最終モデルのキャンターとなります。2005年。2009年にマイナーチェンジを行い環境に配慮した車両作りに力が入れられ始めました。, 三菱ふそうに生産が移り最初のフルモデルチェンジとして世界で初めて小型トラックに6速デュアルクラッチトランスミッションのDUONIC(デュオニック)を搭載しブレンボ社製総輪ディスクブレーキを採用したのが現行モデルの8代目キャンターです。搭載エンジン4P10系は1.5トン・2トン・2~4トン・3.5トン以上の車両区分で最高出力・最大トルクが異なるチューニングが施されています。, キャンターは三菱重工から三菱自動車、現在の三菱ふそうと生産が引き継がれ現行モデルの8代目キャンターは三菱ふそうで最初に行われたフルモデルチェンジで誕生しました。環境に配慮しながら力強いエンジンと排ガス処理装置の搭載や高い安全性能が評価され、2012年に日産自動車と相互OEM供給、2014年にはUDトラックスに対するOEM供給が開始されています。, 8代目キャンターに搭載される4P10系エンジンは2,998cc直列4気筒・DOHC16バルブ・直噴コモンレールインタークーラーディーゼルターボで車両区分によって異なるチューニングが施された4つのエンジンの基本スペックは次の通りです。, 再生制御式DPFと尿素SCRシステムBlueTec(ブルーテック)システムが採用され、ポスト新長期排出ガス規制・低排出ガス認定車(NOx、PM10%低減レベル)・九都県市指定低公害車で平成21年「超」も取得しています。全車で平成27年度重量車燃費基準を20%以上オーバー達成しクラストップの低燃費を実現、エコカー減税で自動車重量税と取得税の免税対象となっています。, またトルコン式ATのイージードライブとMTの省燃費性を兼ね備えたデュアルクラッチ式AMT「DUONIC 2.0」を採用し、キビキビとした走りと高い経済性を実現しています。, 8代目キャンターは制動時の安定性を確保するABS機能に最適なブレーキ力を前後輪に配分し、安定した制動力を確保するEBDを加えることで急制動時の車両の挙動を抑えることに成功しています。, またアクセルとブレーキペダルを同時に踏んだ状態では、ブレーキを優先させる制御システム「ブレーキオーバーライドシステム」を採用しフェールセーフ(誤操作回避)対策を行っています。, さらに時速60km以上での走行時にウィンカーを操作せずに車線を外れた場合にブザーとメータークラスター内のIvis(マルチ情報システム)で警告を行う車線逸脱警報(LDWS)、車両姿勢を常にセンサーで感知しカーブでの横滑りや横転等の危険性が生じた場合、駆動力や4輪のブレーキ力をコントロールし車両姿勢を適正な状態に保つ車両安定性制御装置ESP®を搭載することで走行時の安全性能を高めています。, フロントバンパーに搭載した高精度ミリ波レーダーで前方の車両や歩行者などを検知し、衝突の危険を察知すると、車間距離や走行状況に応じて警報や自動ブレーキ(AEBS)を作動させ衝突回避や衝突被害軽減の支援を行いますので、運転時の高い安全性能が確保されていると言えるでしょう。, 8代目三菱キャンターは平ボディ(カーゴ・ダブルキャブ・ハイブリッド)・ダンプ・トライバン(保冷・冷凍バン)・キャリアカー・EXの5つのボディーバリエーションをラインナップしています。, 平ボディシングルキャブは荷台幅が1,790mmの標準キャブと1,900~2,080mmのワイドキャブが用意され、荷台長は標準・セミロング・ロング・超ロング・超超ロングの5つの中から選べます。, また荷台地上高も855~900mm(2トン)・900~970mm(3トン)の全低床と945~970mm(2トン)、970~1,045mm(3トン)の高床の2タイプが用意され使用用途に適したタイプを選択でき、グレードは上級グレード「カスタム」と標準グレード「スタンダード」から選べます。, 三菱キャンターはモデルサイクルが長いと言われているトラックの中では珍しく頻繁にマイナーチェンジやフルモデルチェンジを行い、市場のニーズに応え続けているトラックだと言えるでしょう。, 現在キャンターブランドで販売されている三菱のトラックは最大積載量1.5~4.6トンまで幅広く、既に紹介した5つのボディーバリエーションと5つのボディタイプの中から使用用途にあった1台を見付けることができるのが人気の理由だと考えられます。, また環境に配慮したテクノロジーが実現するエコカー減税の対象であることから、新車購入時の自動車所得税・車検時の自動車重量税の優遇措置を受けられることも三菱キャンターの人気を後押ししていると言えるでしょう。, トラックの中ではモデルサイクルが短い三菱キャンターは、5代目キャンターから中古トラック販売店での取り扱い台数が増えてきます。しかし排ガス規制が厳しい現在、5代目・6代目キャンターの数は決して多いと言えるものではなく、7代目と現行モデルの8代目キャンターが目につきます。, ボリュームゾーンは2002年~2011年の間に製造された7代目キャンターですが、8代目キャンターの取り扱い台数も7代目と拮抗しているのは、8代目キャンターのリリースから9年が経過しようとしていることも影響しているのではないかと考えられます。, ダンプ/H31(R1)/走行1.8万km/積載2t/コボレーン 全低床 総重量5t未満, ウイング/R2/積載2.95t/走行0.1万km/超々ロング/セイコーラック マーカー3対 床アピトン ラッシング2段 床フック5対, 1963年の初代キャンター発売から55年以上が経過し、製造販売元が三菱重工業から三菱自動車、そして三菱ふそうへと移り変わってもキャンターのブランドが受け継がれるのはキャンターに対する市場のニーズが高いことが原因だと考えられます。, 三菱キャンターの特徴や中古トラック販売店で三菱キャンターの人気が高いのは次の3つのポイントが理由だと言えるでしょう。, 小型/日野/デュトロクレーン付/標準ロング/H26/走行9.1万km/2.9t吊4段 ラジコン フックイン ハイルーフ, オイルエレメントはオイルをキレイに保つ必須アイテム!交換時期や費用、種類についても解説, トラックのブレーキパッドは乗用車とは違うの?交換目安や工賃、メンテナンス方法などもご紹介!, トラック始動装置のセルモーターとは?主な故障原因や故障発生時の対処法、修理相場を大紹介!, 荷台寸法は積載重量で異なる!2t・4t・10tの平ボディトラックの荷台寸法を徹底比較!, 現在の三菱ふそうでのモデルチェンジで生まれた現行モデル8代目キャンターに続いています。, 2003年に三菱自動車から分社した三菱ふそうに生産が移ったため、三菱自動車で製造された最終モデルのキャンター, 車間距離や走行状況に応じて警報や自動ブレーキ(AEBS)を作動させ衝突回避や衝突被害軽減の支援を行います, 5つのボディーバリエーションと5つのボディタイプの中から使用用途にあった1台を見付けることができるのが人気の理由, レンジャーからスピンアウトした人気トラック日野デュトロの特徴や人気の秘密を大紹介!, トラックドライバーが免停になる条件とは?点数や罰金、期間、会社への対応はどうすればいいの?, 大型特殊免許を取得するために必要な日数や費用、コツなどを徹底解説!どんな車が該当するの?, 1.5トン(T1)型:81kW (110PS)/2,970~3,500rpm、260N.m(26.5kgf.m)/1,200-2,970rpm, 2トン(T2)型:96kW (130PS)/3,050-3,500rpm、300N.m(30.6kgf.m)/1,300-3,050rpm, 2~4トン(T4)型:110kW (150PS)/2,840-3,500rpm、370N.m(37.7kgf.m)/1,350-2,840rpm, 3.5トン以上(T6)型:129kW(175PS)/2,860-3,500rpm、430N.m(43.8kgf.m)/1,600-2,860rpm. (引用元:三菱ふそう) ガリバーの車比較サイトで、エルフNPRとキャンターを比べよう!2台のクルマのスペック・性能の違いが一目瞭然!中古車の購入をご検討ならガリバーで。ガリバーの中古車情報サイトは全車保証付きで安心の中古車探し。毎日約500台入荷する豊富な在庫。

.

どく エスパー ヤドラン 9, 小笠原 ガッツ 由来 11, 岩田 剛 典 結婚相手 10, サード アンダー グラウンド メンバー 5, 通勤手当 60 キロ 6, 鉋 砥石 番手 12, マインクラフト コマンド トライデント 41, 祭り 掛け声 種類 18, 事業用定期借地権 中途解約違約金 判例 4, ハンターハンター ジン 強さ 25, アストロズ 成績 サイン 6, 南会津 渓流 地図 7,