演出:宮本亞門 夢は叶うかに見えた。 日本語版のキャッチコピーは「僕たちは忘れない。ぽっかりと空いた心の穴が愛で満たされた日々―。」です。, ルディ役/アラン・カミング ポールがルディのために購入した録音機でデモテープを作り、ナイトクラブへ送るルディ。 しかし、幸福な時間は長くは続かなかった。 訳詞:及川眠子 チョコレートドーナツ 最新映画の日本語吹き替え版をチェックできます。無料動画のリンクやおすすめランキング、レビューなどをしています。洋画と海外ドラマがメインです。 オフィシャルブログ「突撃! あひる観劇日記」更新中。 しかし、それを世間は許さなかったのです。 ゲイだということを隠しながら生きてきた弁護士のポール(ギャレット・ディラハント)。 出演: 母の愛情を受けずに育ったダウン症の少年・マルコ。 チョコレートドーナツ(2012)の映画情報。評価レビュー 2676件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:アラン・カミング 他。1970年代アメリカの実話を基に、母親に見捨てられたダウン症の少年と一緒に暮らすため、司法や周囲の偏見と闘うゲイカップルの姿を描いた人間ドラマ。 そんなとき、母親に見捨てられ一人でいるダウン症の少年マルコ(アイザック・レイヴァ)を保護し、一緒に暮らし始めた。 翻案・脚本:谷賢一 http://daisy.stablo.jp/, 多彩なエンタメ情報をTwitterで発信中SPICE公式アカウントをフォローしよう!, WANDSのギタリスト・柴崎浩。様々なアーティストから引っ張りだこの高い技術と幅広い音楽性はいかにして培われたのか?【インタビュー連載・匠の人】, 「野村義男のおなか(ま)いっぱい おかわりコラム」6杯目は唯一無二のガールズメタルバンドAldiousからR!N・Marinaが登場, [Alexandros]川上洋平、ニコール・キッドマン主演『ストレイ・ドッグ』について語る【映画連載:ポップコーン、バター多めで PART2】, ライブビジネスはこの先どうなるのか? コンサートプロモーターズ協会・中西健夫が語る【インタビュー連載・エンタメの未来を訊く!】, 市村正親「 “どんな時でも生き抜く力”を」 ミュージカル『生きる』が開幕 舞台写真・コメントが到着, 東山紀之がドラァグクイーン役に挑戦~感動の名作『チョコレートドーナツ』を宮本亞門演出で世界初舞台化, 井上芳雄、亀田誠治、美弥るりか、宮本亞門らがメッセージリレーに登場 日比谷の「未来」と「人々」に希望をつなぐ「HIBIYA &HOPE PROJECT」が本格始動, 「ライブ・ビューイング フェス2020 -Act Call-」 開催日と第一週作品ラインナップを発表, After the Rain(そらる×まふまふ)が踏み出した来たるべき明日へ向けての新たな1歩――初の全世界配信ライブをレポート, B’z、無観客配信ライブ『Day2』でファン垂涎のレア楽曲オンパレード 「今日、歌える曲あったでしょうか?」, 『IMY歌謡祭~山崎育三郎、尾上松也、城田優3人のプロジェクト【完全版】~』昼夜の公演を合体させた形でテレビ放送が決定, [Alexandros]川上洋平、ニューシングル『Beast』×映画『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』徹底解明インタビュー・後編, 山崎育三郎・古川雄大(Wキャスト)出演のミュージカル『モーツァルト!』 木下晴香、和音美桜、涼風真世、香寿たつきの続投が決定, 出演声優の視点から語られる数々の制作秘話!機動警察パトレイバー トークイベント「遊馬と大田のナイショ話」レポート到着, 花江夏樹「うまく歩けないくらい泣いてしまって」 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』舞台挨拶レポート, すとぷり、NHK Eテレ『沼にハマってきいてみた』で動画撮影の裏側やスタジオライブを披露 すとぷりにハマった声優・岡本信彦も登場, 孤高のきらめきとツンデレ 明日海りお×千葉雄大×小池修一郎(演出)『ポーの一族』インタビュー, RIZINで朝倉未来vs斎藤裕のフェザー級タイトル戦! キック&MMAの全9カードが発表. 全米映画祭が絶賛、観客賞を総ナメにし、日本でもロングランヒットした、映画『チョコレートドーナツ(原題:ANY DAY NOW)』。実話から生まれた、魂を震わせる珠玉の作品を東山紀之主演、宮本亞門演出により世界で初めて舞台化、12月7日~12月30日、PARCO劇場にて上演する。, 映画『チョコレートドーナツ(原題:ANY DAY NOW)』は、ゲイの男性が育児放棄された障がいを持つ子供を育てたという実話に着想を得て製作された。社会的マイノリティが直面する問題を告発しつつ、愛と自由を求める人間の本質を描いている。, 東山紀之が演じるのは、シンガーを夢見ながら、ショーパブの口パク・ダンサーとして日銭を稼ぐルディ。出口の見えない生活の中、ルディの人生は、運命の人ポール、隣室のダウン症のある少年マルコと出逢うことで変わっていく。映画ではトニー賞受賞俳優アラン・カミングが演じたこの主人公に、東山紀之がその魅惑のダンス、唄、演技で挑む。, そしてルディと共に少年マルコを育てようと、世間と闘う地方検事ポールを演じるのは谷原章介。幅広く活躍する谷原の、俳優としての魅力が炸裂するであろう、本作品。ゲイのカップルであるルディとポールが悩み、迷いつつ、手を組んで世の中に立ち向かっていく様は心を打つ。初共演の東山紀之と谷原章介がどのように演じるか見所の一つ。, またダウン症のある少年マルコ役として、実際にダウン症のある高橋永と丹下開登がダブルキャストで出演。また共演には高畑淳子、モロ師岡、堀部圭亮、八十田勇一らが顔を揃えている。, 70年代のアメリカのヒットナンバーを散りばめた華やかなショーシーンと、緊迫の法廷ドラマを織り交ぜつつ、愛と希望、未来を求めて、苦闘する人間の姿を感動的に謳い上げるヒューマンドラマ『チョコレートドーナツ』。宮本亞門がタクトを振る世界初演の舞台に注目!, 【ストーリー】 全米映画祭が絶賛、観客賞を総ナメにし、日本でもロングランヒットした、映画『チョコレートドーナツ(原題:any day now)』。 実話から生まれた、魂を震わせる珠玉の作品を東山紀之主演、宮本亞門演出により世界で初めて舞台化、12月7日~12月30日、PARCO劇場にて上演する。 学校の手続きをし、初めて友達とともに学ぶマルコ。 正義を求めながらも、ゲイであることを隠して生きる地方検事のポール。母の愛情を受けずに育ったダウン症のある少年マルコ。街の片隅で3人は出会った。 地方公演:2021年1月~ 長野、仙台、大阪、愛知 共に暮らすうちに愛情が芽生えていき、本当の家族のようになっていく三人。 キャスト. 実話をもとに映画化され、日本でも反響を呼んだ『チョコレートドーナツ』は、1979年のウェスト・ハリウッドを舞台に、育児放棄された障がいをもつ子供を育てるべく、男性カップルが差別に負けず奮闘する物語。この作品が、世界で初めて日本で舞台化されることになった。 大阪文化芸術フェス presents OSAKA GENKi PARK オフィシャルライブレポート, 実話をもとに映画化され、日本でも反響を呼んだ『チョコレートドーナツ』は、1979年のウェスト・ハリウッドを舞台に、育児放棄された障がいをもつ子供を育てるべく、男性カップルが差別に負けず奮闘する物語。この作品が、世界で初めて日本で舞台化されることになった。演出は宮本亞門、翻案・脚本を手がけるのは谷賢一。映画版ではアラン・カミングが熱演した主人公ルディを東山紀之がつとめ、彼と共に闘う検察官ポールを谷原章介が演じる。谷原に作品への意気込みを訊いた。, 今回、ダウン症のある少年マルコ役で、実際にダウン症のある高橋永くんと丹下開登くんがダブルキャストで出演されるということで、ぜひご一緒したいと思いました。ポスター撮影のとき高橋くんにはお会いしたんですが、すごくセンシティブで、やわらかい印象があって、稽古場や本番、本番前にはコミュニケーションをしっかりとっていきたいなと。東山さんはじめ、キャストは芸達者な方ばかりがそろっているなと感じます。マルコ役の高橋くん、丹下くんを中心に、ルディとポールで三人でファミリーを作る、そして、カンパニーとして、共に楽しみ、エネルギーを与え合うということを大事にしたいです。​, 映画版は2014年の劇場公開時に観ているんですが、これが本当に実話だったのか……ということにとても驚きを感じました。そして、2020年になっても、セクシャル・マイノリティの方への理解が進んでいるかというとそうでもなくて。2020年の今でもこれだけつらい状況があるのだとしたら、40年前、1970年代後半はいったいどんな状況だったんだろうと。強い差別意識をもつ人たちが多い中、ルディが自分の思いを強く主張し、マルコとポールと家族を作ろうとする、そのエネルギーにすごく魅せられました。ポールは真面目でピュアな人で、社会規範に強く縛られているところもあって。そして、舞台版のポールは、映画版とは異なり、語り部的な役割を与えられているんです。あくまでストーリーの中に存在しているルディがいて、そのルディに協力して助けて見守っているポールと、お客さんとの間に立って、世の中、今の状況はこうなっているんです、ということを客観視しているポールがいるという感じです。ルディにはけっこう理不尽なところもあるのですが、その理不尽さについていくためにも、ルディへの強い憧れであったり、強い愛情であったり、ルディの一番のファンであることが、今回ポールを演じる上でのキーかなと思っています。 また、舞台版は映画版よりさらにショーアップされている印象です。映画は、ショーパブでのシーンは数も長さもそんなにないですが、今回、曲数も増えて長くなります。そこに、ショーアップして見せたいという亞門さんの意図を感じました。亞門さんがおっしゃっていたのが、ただのつらいストーリーにはしたくない、観客の皆さんにはエンターテインメントとして楽しんでいただいて、その裏にはこういうストーリーが実話としてあったという、その二つの側面を提示したいと。70年代にはさらにつらい状況があったということから、ひるがえって、今の状況を考えるきっかけにしてほしいということをおっしゃっていました。, 東山さんは、僕の中では、少年隊、「仮面舞踏会」、そこから印象が始まっているんですけど、その東山さんがドラァグクイーン姿で歌い踊るということで、それも楽しみです。かなり濃厚なシーンもあるので、楽しみだけではなく、ドキドキも。東山さんとは今回が初共演で、これまでお会いしてお話ししたこともほとんどなくて。あれだけ舞台やライブ、映画にドラマ、ニュース番組まで多方面で活躍されている方が、今回のような役に挑戦されるということで、どんな姿を見せてくださるのか楽しみです。東山さんの作品で印象に残っているのは『大岡越前』ですね。それと『必殺仕事人』。現代劇にも出演されていますが、時代劇のイメージがすごく強いです。凛とした強いたたずまいのイメージがあるので、そこは、ルディの強さとリンクするところでもありますね。ただ、東山さんはストイックで真面目なイメージなのですが、ルディはもっと荒々しくてだらしなくて理路整然としていない感じなんです。そういう役柄を、あれだけ端正でストイックな東山さんがどう演じるのか、楽しみです。, 誠実でやわらかで、いろいろな人の意見をちゃんと受け止めて、それを一つの形にまとめあげられる方ですね。作品を観ての印象は、本当に華やか。今回はいわゆるミュージカルとは違いますが、かなりショーアップされています。ただ、僕はそこには出ていなくて、店で観客として観ているという設定なんです。亞門さんが、今回のように重いテーマの作品とどう向き合われるのか、楽しみです。​, デビューして数年後に、映画『デボラがライバル』でデボラ役を演じたんです。そのころから、セクシャル・マイノリティの問題に興味があって、いろいろな書籍や雑誌を読んで勉強しました。10代のころから、映画にしても、『さらば、わが愛/覇王別姫』であったり、『アナザー・カントリー』『モーリス』といった作品を多く観てきましたね。デボラを演じたときは、勉強のため、いろいろなショーパブに行きましたし、仲の良い友人もいます。そこから学びましたが、人は決して一人ではいられない。寄り添って家族を作りたいものなんだと思うんです。今回の物語もそういうところを描いていますよね。, ーー谷原さんは「うたコン」をはじめ、司会も数多くつとめていらっしゃいますが、今回の役どころではその経験も生きそうですね。, 司会をしていて得たことが役者として生きることがあります。司会はいつもどこか客観的なところにいなくてはいけないところがあるので、今回の役にも共通するところがあるかもしれません。ドキュメンタリーのナレーションをやらせていただく機会も多いですが、主役はあくまで、取材をされている対象と、それを観ている視聴者だと思うんです。その間をつなぐのがナレーターであって、ナレーター自身が自分の感情を移入したり、ここは感動するところだよと感情を押し出してしまったり、観客より先に感極まってしまったり、取材対象に踏み込んでしまったりすると、すべては瓦解してしまうと思うんです。だから、今回のポールも、語り部として登場しているシーンは抑えていかなくちゃいけないなと思っています。ただ、裁判になってからのシーン、そして語り部としての最後の部分はそういうところをとっぱらっていいのかなと。そのあたり、見せ方も全然変わってくるんじゃないかなと思っています。映画版と舞台版とでは台本も全然違うなという印象です。フォーカスされている部分が違うのと、ショーアップして差し込んでいる音楽のシーンが多いからかもしれません。ただ、底辺に流れるルディの強さ、支離滅裂だけれども強い愛情、そしてポールとマルコと三人で幸せな家族を作っていった愛、その愛が世間の無理解によって踏みにじられる様、線はしっかり通っているなと思いました。今回、映画版はもう見ないようにしようと思っています。もともと、原作のある作品に出演するときは、改めて原作は読まないようにしているんです。読んでしまったとき、そちらに引っ張られて大変だったことがあったので。今回も、映画版は映画版としてリスペクトしつつ、舞台版の『チョコレートドーナツ』を作り上げたいです。​, 地方も含め、劇場がどんどん閉まっていっている中で、パルコさんがこうやって文化貢献するという使命を持ち続けていらっしゃることがとてもうれしいです。そういう意味でも僕たちも頑張って発信していかなくてはいけないなと、新しい劇場に足を踏み入れて強く思いましたね。すごくいい劇場なので。声を出して響かせたらどんな感じなんだろう、お客さんでいっぱいになったらどんな感じなんだろうと、すごく楽しみです。年に一度はわがままで舞台をやらせていただいているんです。わがままというのは、マネージメント・サイドに対してもそうですし、僕は生のレギュラー番組があるので、どうしても普段の舞台とは変則的な公演になってしまうので、制作の方々に対しても申し訳ないなと思いますし。それでもなぜ僕は舞台をやるかというと、映像ってどちらかというと消費する作業なんです。稽古もほとんどない中、監督の指示のもと、ヨーイドンで、一瞬で、共演者みんなが持ち寄ったもので作るんです。もちろんいいものができることもあるんですが、「ああ、何か7割くらいかな、6割くらいかな」と思ったりもして。プロですからなるべく精度は上げていきたいですが、なかなか難しいことなんです。ただ、それがDVDとしてパッケージになってしまったりする。舞台の場合は、1か月間みっちり稽古できて、言葉の意味、解釈、文脈、行間、いろいろなことを試して、自分なりに、ああこれが最大の答えだということを出す。その作業を通じて、僕はすごくいろいろなエネルギーをもらえるんです。そして、その日、舞台で大失敗したとしても、次の日、違うお客様の前で、もう一回トライできる。その意味で、映像よりも厳しく、でも、温かいと思っていて。ここまで同じことをやってやり尽くした後で、毎回新鮮にお芝居をするということは、実はとても難しいこと。そういった意味で、役者としての楽しみは舞台にあるのかなと思っています。そして、演技はなぞらないようにしています。舞台のときは、特に。映像でもそうなんですが、リハーサルとかで、「あ、今のだよね」って、すごくいいものができる瞬間、それをみんなが認識するときがあるんです。でも、それを、「さっきやった間は、テンポは、強さはこうだったな」と思い描いてやると、似て非なるものができるんです。だから、なぞらない。新たな気持ちで演じることにしています。​, 何もしてないです。枯れたりもしますけれども、枯れても9割、8割、7割程度で、1割まで行くことはないです。7割前後でとどまるというか。不思議なもので、ナレーションのとき、その前にご飯を食べると喉がガサガサになるんです。だから、ご飯を食べないようにしています。舞台に入ると、うがいをしたり、プロポリスを摂取したりとかしますが、基本は無頓着です。いつか痛い目にあうかもしれません(笑)。, 僕はもともとモデルをやっていたので、今どういうポーズをしていて、それがファインダーの向こうからどう見えているか、イメージするんです。その客観視が役者として大事だなと思いますね。それと同じことだと思います。音で伝える上で、役者として唯一の武器ですから。, 舞台上の役者はマスクをしていないので、こわいと思われる方もいるかもしれない。でも、それでも観たいと思わせるだけのエネルギーを僕ら役者は舞台上から出していかなくてはいけないと思います。こわい気持ちを吹き飛ばすような舞台にしたいですね。画面を通してでもなんとか成立するものもあるかもしれない。でも、最終的には、直に会って人とふれ合わないと、人はおかしくなると思うんです。ぜひ、直に、生の舞台を楽しみにいらしてください。, 1972年生まれ。東京大学法学部卒業後、新潮社に入社。写真週刊誌「FOCUS」の記者として、主に演劇・芸能分野の取材に携わる。2001年退社後、舞台芸術を中心に国内はもとより海外の公演もインタビュー・取材を手がける。 〈前売り開始〉2020年10月25日(日) 歌手になりたいという夢を持ちながらも日銭を稼ぐので精一杯なショーダンサーのルディ(アラン・カミング)。 絶望する二人。しかし、「今こそ、法律で世界を変えるチャンス」というルディの言葉を聞き、ポールは正義で世界を変えたい、と法を学んでいた頃の情熱を取り戻す。そして、差別と偏見で奪われたマルコを取り戻すため裁判に挑むことを決心するが・・・, 原作:トラヴィス・ファイン(トラヴィス・ファイン監督『チョコレートドーナツ』より) 薬物所持で母親が逮捕された隣室のダウン症の少年を恋人と引き取り育てるも。 チョコレートドーナツ(2012)の映画情報。評価レビュー 2676件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:アラン・カミング 他。1970年代アメリカの実話を基に、母親に見捨てられたダウン症の少年と一緒に暮らすため、司法や周囲の偏見と闘うゲイカップルの姿を描いた人間ドラマ。 モロ師岡 高畑淳子, ●12/7~130◎PARCO劇場 実話に着想を得た作品。様々な偏見と戦う姿も描かれるが、何よりルディの慈愛溢れる表情が抜群。 シンガーを夢見ながらもショーダンサーで日銭を稼ぐルディ。 〈お問い合わせ〉パルコステージ 03-3477-5858(時間短縮営業中) 正義を信じながらも、ゲイであることを隠して生きる弁護士のポール。 最近になってやっとある地域では同性婚が認められたり障がい者への理解が深まってきましたが、1970年代はまだまだ偏見が根付いており、世の中では少数派である同性愛者や障がい者にとってはとても過ごしにくい環境でした。, そんな状況下でルディとポールは出会い、そしてマルコにも出会います。 マルコの母親が薬物所持で逮捕されるのをきっかけに、“いとこ”同士と偽り、生活環境の整っているポールの家で共に暮らし始める。まるで本当の両親のように、二人はマルコを愛し、大切に育てた。 これめちゃくちゃ良かったです。かなりつらい話なんだけど、社会に於ける差別とそれに負けない強さが垣間見れ、この世に正しいと断定出来ることなんてあるのかと考えさせられる映画でございました。 pic.twitter.com/TYBMSd6dbV, — ろびん(Robin) (@LucaRobin_L_E) May 16, 2020, ゲイのカップルが麻薬で親が捕まったダウン症の少年の親権を貰うために奮闘する話。真剣に愛し合っている2人とそんな2人を愛してる子供、なのに世間が許してくれない。不利なのは分かっているがそれでも子どもの為に戦う愛の物語, 愛しかない。もはや魂の関わり。 彼らはどこの家族よりも幸せそうな日々を送っていました。 そして、ルディとポールは愛し合い、マルコとともに幸せな家庭を築き始める。 1979年、カリフォルニア。シンガーを夢見ながらもショーパブのダンサーとして生活の糧を得るルディ。 谷原章介 血はつながらなくても、法が許さなくても、奇跡的に出会い深い愛情で結ばれる3人。 心が震えた映画でした。 〈公式サイト〉https://stage.parco.jp, “atlas” musical collection ~meets friends~ 無観客配信ライブを開催!, 山口祐一郎、浦井健治、保坂知寿が紡ぐ三人芝居!『オトコ・フタリ』製作発表会見レポート!, 堂本光一&井上芳雄 奇跡のタッグ再び!ミュージカル『ナイツ・テイル』inシンフォニックコンサート!, 得られなかった理想の人生への憧憬 宝塚雪組『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』, 望海風斗&真彩希帆コンビ率いる雪組が弾ける!宝塚歌劇雪組公演『20世紀号に乗って』, 宝塚歌劇初の横浜アリーナに弾ける想いがあふれ出す!明日海りおの『恋スルARENA』開幕!, 宝塚歌劇花組トップスター明日海りおの集大成となる公演『A Fairy Tale』『シャルム』制作発表会見レポート, 新トップコンビで挑む異色の二本立て!宝塚月組公演『夢現無双』『クルンテープ 天使の都』上演中!, 宝塚花組にダンサートップスター鮮やかに登場!柚香光プレお披露目『DANCE OLYMPIA』─Welcome to 2020─, 世界の恋人を具現した明日海りお率いる花組が描く冒険譚 宝塚花組『CASANOVA』, 異色の作品で更に輝く望海風斗と雪組の底力 宝塚雪組公演『壬生義士伝』『Music Revolution!』, 【ふれあい動物電気】森戸宏明の「立ち喰い蕎麦探訪記」第10回~富士そばでまさかの「あの食材」に遭遇!・・その時、あの人の声が脳裏を掠めた〜, 『#OrbTALK LIVE in CONCERT 』森公美子・小池徹平・大野拓朗・木下晴香 出演決定!. 見返りを求めず、ただ愛する人を守るために奮闘する彼らの姿に我々は本物の愛を目撃する。, 本作は、同性愛や障がい者に対しての偏見や差別が激しかった1970年代のアメリカでのお話です。 堀部圭亮 八十田勇一 大西多摩恵 下総源太朗 魂で生きる‼️ 世界の片隅で3人は出会った。 マルコ役/アイザック・レイヴァ, 歌手を目指しているゲイのルディ。 穴沢裕介 佐々木崇 高木勇次朗 シュート・チェン 米澤拓真 しかし、その幸せも長くは続かなかった…。, 本作は様々な映画祭で絶賛され、観客賞を総ナメしていきました。 『チョコレートドーナツ』(原題: Any Day Now)は、2012年のアメリカ合衆国のドラマ映画。, 「1970年代のニューヨークのブルックリンでゲイの男性が育児放棄された障害児を育てた」という実話に着想を得て製作された映画[1]である。 『映画チョコレートドーナツ』は、ゲイのカップルと障害を抱えたマルコの悲しい物語です。実話っぽい話に、映画チョコレートドーナツは、どこまで実話なのか?と調べてみました。そしてネタバレと涙なみだの結末と感想も載せています。 脚本を務めたジョージ・アーサー・ブルームは、モデルとなったゲイの男性を友人に紹介され、彼がその子供を養子にしようとしたらどうなるだろうかと考えて、ゲイの男性が少年を養子にしようとしたときに直面するであろう問題について調査した後、数ヵ月後には脚本ができていたという[1]。, 日本語版のキャッチコピーは「僕たちは忘れない。ぽっかりと空いた心の穴が愛で満たされた日々―。」[2]。, 1979年のカリフォルニア。歌手を夢見ながら、ショーパブでパフォーマーとして日銭を稼ぎ暮らすルディは、客として訪れた検事局のポールと心を通わせ合い、交際を始める。, そんな折、ルディはアパートの隣の部屋に住むダウン症の少年マルコが、危険薬物を所持し逮捕された母親のために、施設へと隔離された事実を知る。繰り返されるマルコの脱走に心を痛めたルディは、ポールを説き伏せてマルコを引き取りともに暮らそうと提案する。同性愛の恋人同士であることを伏せ、法的手続きによりマルコの監護者となった二人は、本当の両親のようにマルコに愛情を注ぎ、三人で幸せな日々を送る。, だが周りの反応は冷淡であり、彼らをパーティに招いたポールの上司との衝突で事態は一気に悪化し、ふたりはマルコの養育者と認められず裁判沙汰となる。弁護士の奮闘もむなしく、ルディとポールはマルコとの関係を引き裂かれる。そしてふたたびの脱走を試みたマルコが放浪のあげく悲惨な運命をたどったことをルディは知る。, 歌手として認められたルディは、愛する者たちとのつながりを引き裂かれた怒りと悲しみとをマイクに叩きつけてゆく。, アメリカで高い評価を受けていた本作だが、日本での上映は当初1館のみであった。日本の宣伝担当によると、様々な日本のテレビ局に宣伝を売り込んでいたものの、局や番組のプロデューサーから「ゲイカップルとダウン症の映画なんて紹介できないよ」と断られ続けたという。しかし、映画コメンテーターのLiLiCoはTBS『王様のブランチ』にて号泣しながら本作を紹介し、その翌週から上映館が140館に増え、日本でも広く知られるようになった[3]。その後、本作のBlu-ray&DVDが発売されるときにLiLiCoは宣伝隊長に就任している[4]。本作の紆余曲折について、LiLiCoは後年、「高い評価を受けていた傑作が、偏見によって紹介されもしなかった。頭にきましたね」「テレビは(出演者やスタッフなど)LGBTQの人たちに支えられている業界なんだから、そろそろトップも意識を変えていかなきゃいけないと思いますよ」とコメントしている[3]。, Any Day Now Tackles Gay Adoption in the 70′s, 「チョコレートドーナツ」の原題は英語で何という?邦題と原題でタイトルが異なる映画を紹介!, “今こそ家で観たいLiLiCoのおすすめ映画5選 人生を見つめ直し、大切な人と会話しよう。”, https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5e8d4f6ec5b6e1a2e0fbd27a, ““闘う”映画コメンテーターLiLiCoにインタビュー 「映画業界を変えたい」その熱い想いとは?”, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=チョコレートドーナツ&oldid=79245503.

.

マイクラ Fill 世界 の範囲外 40, ギガ P 音源 6, 功名が辻 動画 1 6, Ipad 3本指 無効 4, ツイステ 2章 ストーリー 22, イナズマイレブン 野坂 必殺技 5, 表彰式 欠席 者紹介 8, 野村 ささやき なんj 10, Pubgモバイル Line連携 ログイン できない 59, Ds エミュ ワイヤレス通信 15,