(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ジュラシックワールドという映画で一躍有名になった、モササウルスという恐竜を知っているでしょうか?, 正確にはモササウルスは恐竜ではなく、海棲爬虫類という分類になります。ただ恐竜も海棲爬虫類も同じ爬虫類の仲間ということで、ここではモササウルスも恐竜の仲間として語らせていただきます。, この記事では、遥か昔の海にいたモササウルの大きさや強さなどの生態から、絶滅した理由など、モササウルスの全貌を徹底解説したいと思います。, この時代の海洋生物の中では圧倒的な大きさと強さによって、海中での食物連鎖のトップに君臨していたとされる最強の海洋恐竜です。, 巨大な身体の割に細くスマートな体型をしており、発達した背ビレや尾によって水中ではかなりの速度で移動することができたと考えられています。, さらに肉食恐竜ということもあって、非常に大きな顎と鋭い歯をもっており、まさに海のハンターとして他の生物から恐れられる存在だっとはずです。, モササウルスの体長は約15mほどで、大きな個体だと18mを超えるものもいたようです。, 全長18メートルがどれぐらい大きいかイメージつかないと思いますが、現在の海洋生物を例にすると、ホオジロザメが5メートル、最大のサメであるジンベイザメが約14メートルです。, 全長18メートルとなるとマッコウクジラとほぼ同じ大きさですので、モササウルスがいかに大きいかが分かるのではないでしょうか。, モササウルスは巨大な身体と比べても非常に大きい顎を持ち、口の中は鋭い歯が多数並んでいます。, 鋭い歯以外にも丸く物を砕くのに適した歯も持っており、これらの歯を使って捕獲した獲物を砕いて、切り裂いて食していたのでしょう。, モササウルスの頭部の化石は比較的状態のよいものが発見されており、化石を見てもモササウルスの強力な顎と歯が伝わってきますね。, モササウルスはその巨大さと肉食恐竜ならではの凶暴さもあって、その当時の海中で食物連鎖の頂点にたつ最強の存在であったと言われています。, 以前まではモササウルスは大きな体型故、海中を素早く泳ぐことができず、岩陰などに身を潜めて敵を襲っていたとされていました。, ただし最新の研究によると、モササウルスは非常に発達した背ビレと尾を持っていたことが分かり、積極的に海中を泳ぎ獲物を捕獲していたのではないかと考えれられています。, 全長18メートル近い巨大さに加えて、強力な顎と歯、そして迅速なスピードを兼ね備えていたモササウルスは、まさに最強の海洋生物に違いないのかもしれません。, <こちらもオススメ♪> 【画像】古代生物メガロドンは実在する!現在の目撃情報や大きさ比較など伝説級の巨大サメの謎を徹底解説!. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); はるか昔、1800年前の海に誕生し150万年前に絶滅したたとされる、メガロドンという巨大なサメをしっているでしょうか。, 現代に生息する巨大なサメと言えばジンベエザメが有名ですが、メガロドンはそのジンベエザメよりも遥かに大きく、発見された化石から推測するにクジラに引けをとらない大きさであることも分かっています。, さらにメガロドンは現在でも生存している目撃情報があったりと、非常に謎の多い古代の生物だと言われています。, ここではそんな最強最悪な海の王者メガロドンの謎について、詳しく解説していきたいと思います。, <こちらもオススメ♪> >> モササウルスが最強?他の恐竜との強さ・大きさを比較! >> モササウルスの大きさをメガロドンと比較!絶滅した理由は? ジュラシックワールドに出てくる. 噛まれたと思われる痕跡が見つかっている. 地球上に人類が誕生するより遥か昔、地球を支配していたのは恐竜などの巨大生物でした。, 恐竜と言えば、最強の肉食恐竜であるティラノサウルスや、巨大な草食恐竜のブラキオサウルスが有名ですが、陸上と同じように海の中でも凶暴な恐竜や巨大生物が存在していました。, ダンクルオステウス(Dunkleosteus) は、古生代デボン紀後期の北アメリカ大陸、及び北アフリカに生息していた原始的な魚類の一種です。, 体長は最大10mに達するとされており、当時の生態系の頂点に立っていたと考えられています。, ダンクルオステウスの頭部及び肩帯付近は甲冑のように硬く重い装甲板で覆われていて、プレート状に発達した強靭な顎を具えていました。その噛む力(咬合力)は5300Nと試算されており、これは現代のホオジロザメの約2倍で、Tレックスと同レベルの歴史上最強クラスの強靭な顎を武器とした、獰猛な捕食者であったと推定されています。, リオプレウロドン (Liopleurodon) は、中生代ジュラ紀中期からジュラ紀後期(1億6000万~1億5500万年前)のヨーロッパに生息していた首長竜で、当時の海域における頂点捕食者の一種でした。, リオプレウロドンの全長は、約7メートルから10メートル程とされていますが、発見された個体数が極めて少ない為、その全長については現在でも議論が続いております。, 頭部は大きく重厚で、鋭い歯が並ぶ頑丈な顎と強力な咬筋を持っていたと考えられています。また、胴体の可動性が乏しく尾に鰭は持たないものの、4つの櫂のような鰭脚によって、かなりの加速力を発揮する力強い泳ぎをしていたと考えられています。, 同時代の同じ海域に住む動物の中では最大の種類ではありませんでしたが、攻撃性の高さや強靭な顎、優れた視力と嗅覚を持つ事から食物連鎖の頂点にいたと考えられている肉食恐竜です。, プリオサウルス (Pliosaurus)は、ジュラ紀後期(1億4700万年頃)にヨーロッパや南米に生息していた首長竜の一種です。, 「プレデターX(Predator X)」とも呼ばれていたその中の一種は、全長10~15m、体重45t、歯の長さは30cmと推定され、噛む力は4~5トンと陸上最強のティラノサウルスに匹敵するレベルで、どんな生物にでも一噛みで致命的なダメージを与えることができたと考えられています。, エラスモサウルス(Elasmosaurus)は、中生代白亜紀後期(7000万~6500万年前)の北アメリカに生息していた「リボンのトカゲ」を意味する首長竜です。, 首の長さは8メートルと首長竜の中でも極めて長く、体長は約14メートル、体重25トンと推定されています。首を真っ直ぐに伸ばして泳ぎ、長い首を生かして魚類やイカ、時として翼竜などを捕食していたことが分かっています。, 北アメリカの他、ロシア、日本などでも発掘されており、主に北方のやや冷涼な海に生息していたと考えられています。, ショニサウルス(Shonisaurus)は、三畳紀後期(2億1,500万年前)に生息していた水棲爬虫類で、その名前は「ショショーニ山脈のトカゲ」を意味しています。, ショニサウルスは胴体部分が丸々として太く、腹部には4本の大きなヒレを持っており、細長い口と大きな目が特徴的な種で、非常に発達した長い顎を持っていましたが、その顎には貧弱な歯が顎の先にしか生えていませんでした。, クロノサウルス (Kronosaurus) は中生代白亜紀前期にオーストラリアなどで生息していた首長竜(海棲爬虫類)の一種です。, 巨大な顎をもつこの生物の名前は、「自分の子供達を次々と丸呑みして腹中に封じてしまう」という逸話を持つギリシャ神話の神「クロノス」を由来としています。, 首長竜には、「首が長く頭が小さいグループ」と「首が短く頭が大きいグループ」があり、クロノサウルスは後者における最大級のもので、全長9-12メートルで、体重11トン、頭骨だけで3メートル近くもあり、2t~3tとも言われる非常に強力な咬合力を持っています。, 胃の内容物の痕跡から大型の魚や大型の無脊椎動物など何でも捕食する凶暴な頂点捕食者だったとされています。, リヴァイアサン・メルビレイ(Livyatan melvillei)は、中新世中期(1200-1300万年前)の南米などに生息していた古代のクジラです。, 学名は旧約聖書の怪物「リヴァイアサン」からなり、全長は推定13.5から17.5mで、現生種と比べ顎が頑丈で、歯の長さは36cmと捕食に用いるものとしては最大のサイズです。, 主に、他のクジラやイルカ・サメ・ウミガメ・アザラシ・海鳥などを捕食しており、メガロドンと共にこの時代の頂点捕食者だったと考えられています。, メガロドン(Carcharocles megalodon)は、新生代中期(約1,800万年前から約150万年前)にかけての、海が比較的暖かった時代に生息していたサメの一種です。, 魚類としては史上最強とされる古代のサメで、全長は最大個体の推定値で約13メートルから20メートルで、現代のジンベイザメと同等以上の巨体と、ホオジロザメ(3-7cm程度)の数倍の大きさの歯を持ち、その咬合力は推定約20tと、ティラノサウルス(3t)やサルコスクス(8t)を大きく上回ります。, クジラなどの大型の海洋生物を獲物としていましたが、約600万-約200万年前に海水温の低下と、クジラが寒冷な海域に逃げ込んだことから、その生態的地位が存在しえなくなったため絶滅に追い込まれたと考えられています。, メガロドンについては下記で更に詳しくまとめています。 【メガロドン】史上最強の古代ザメまとめ(大きさ、絶滅理由、目撃事例ほか), ティロサウルス (Tylosaurus)は中生代白亜紀後期(8,500万年前 - 7,800万年前)に北アメリカなどに生息していた肉食の海生爬虫類です。, 最大で頭骨長約1.8メートル、体長約15メートルに達したと推定され、モササウルスと共に最大級の海洋爬虫類とされています。, 長い顎には、口蓋骨にまで多数の歯が並んでおり、非常に獰猛で攻撃性の高い恐竜で、体内にあった獲物の化石からヘスペロルニス、魚、サメ、小型のモササウルス類やプレシオサウルス類などをほとんど噛み砕かずに丸呑みしていたことが分かっています。, 海の殺し屋として世界の広い範囲に分布していたティロサウルスですが、その繁栄は短く恐竜大量絶滅期の前には姿を消していました。, モササウルス(Mosasaurus)は中生代白亜紀後期(約7,900万 - 約6,500万年前)にヨーロッパや北アメリカ大陸などに生息していた肉食海棲爬虫類です。, 体長は約12.5 - 18メートル、体重約30トンで、胴体は細身の樽型、頭骨はワニを思わせる頑丈な形態で、後方に湾曲した多数の歯を持っていました。, 魚介類からプレシオサウルスやホオジロザメなどまで、あらゆる獲物を丸呑みにしてしまう最強の頂点捕食者でした。, 化石には傷を負い、治癒した痕跡を持つものが少なくなく、当時の海域では同種による縄張り争いなど激しい闘争を繰り広げていたと考えられています。, モササウルスについては下記で更に詳しくまとめています。 史上最強の海中生物モササウルスの生態(大きさ・特徴・絶滅理由他), もしも今回ご紹介したような古代の怪物が今も海に生息していたとしたら、航海の危険性が何倍も大きくなっていたかもしれません。, しかし、水族館など安全な場所で見ることができるのであれば巨大なその姿を一目見てみたいですよね^^. モササウルスとどっちが強いの 30 名無しのひみつ 2020/09/04(金) 13:29:29.69 ID:3ilwLfkq メガトロン様スパロボに出てアムロと戦って欲しかった インドミナ・レックスは映画の中での. モササウルス (Mosasaurus )は、白亜紀後期に生息していた肉食の海棲爬虫類。現在のオオトカゲ類に近い仲間だと考えられている。力強い尾と4本の櫂のような肢を持っていました。 ホホジロザメの数倍の巨体を持つ古代サメ「メガロドン」は、数百万年前に絶滅したと考えられていますが、その理由については諸説あり、はっきりしたことが分かっていません。 チャールストン大学の研究チームが、絶滅理由はある生物によるものだと学術論文をPeerJ誌に掲載 ©Copyright2020 謎解きミステリー -生物・宇宙・都市伝説の世界の謎.All Rights Reserved. メガロドンと生きた時代こそ違いますが、メガロドンと同じく最強の生物と噂されるモササウルスという海洋恐竜がいます。 両者は体長もほとんど同じで、強力な顎や鋭い歯を持っている所も同じなので、 メガロドンとモササウルスはどっちが強いか が議論されることがあります。 ・最強の恐竜は?恐竜の強さ決定戦に最強ランクの恐竜たちが勢揃い!ティラノサウルス・アロサウルス・スピノサウルス他, 最強の恐竜は?恐竜の強さ決定戦に最強ランクの恐竜たちが勢揃い!ティラノサウルス・アロサウルス・スピノサウルス他, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 管理人のむむむです。ドキがムネムネする謎が大好物のミステリーオタクです。Twitterも是非フォローしてください( ゚д゚ )▶▶▶@mysteryblog777. モササウルスとは生息する時代が異なりますが、最強の海洋生物として語られる メガロドン という巨大ザメがいます。 メガロドンの大きさは全長12~18メートルとモササウルスと同じぐらいで、強力な顎と鋭い歯を持っていました。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 約6600万年前、突然の隕石落下によって恐竜たちが絶滅し、生き残った動物たちは支配者が消えた新しい世界で、様々な形に進化しながら、地球全土にその生息域を広げていきました。 恐竜が地上を支配していた頃、 ... 子供の頃、誰しも1度は動物園に行った記憶があるのではないでしょうか? 幼稚園や小学校の遠足の定番と言ってもいいかも知れません。 日本に居ながら、世界中の生き物を見ることができる夢のような施設です。 最 ... 蜘蛛は私たちの生活にとって非常に身近な存在です。 都会であっても部屋にはハエトリグモやアダンソンハエトリなどの「家グモ」がほぼ必ずと言っていいほど生息しています。 少し田舎に行けば、家屋にはアシダカグ ... 太古の地球を支配していた恐竜の中でも、体が大きな肉食恐竜は史上最強の陸上生物とも言えるでしょう。 肉食恐竜や最強の恐竜の一般的なイメージは「肉食恐竜=ティラノサウルス」「ティラノサウルス=最強の恐竜」 ... 世界には、想像できないくらいたくさんの生き物が今も生き続けています。 私たち、人間もその中の1つです。 そのたくさんの生き物の中で、「生きた化石」と呼ばれるものたちがいます。 化石、と聞くと、遠い過去 ... Copyright© 雑学ミステリー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. 決定版!最強の動物ランキングはこれだ。動物の強さをガチで格付けしてみた!, 映画『ジョーズ』のモデルにもなったホオジロザメも、メガロドンに比べると子供のように小さく見えてしまいます。, メガロドンとホオジロザメの歯を比較しただけでも、全く大きさの違うサメであることが一目瞭然です。, メガロドンは今から約1,800万年前から約150万年前の、新生代第三紀中新世半ばから鮮新世という時代に生息していたされています。, この時代は今よりも比較的海が暖かく、ヒゲクジラなどクジラの仲間が登場しはじめた時代とも言われています。, その当時のクジラの化石には尾びれなどにメガロドンの歯型がついているものが多く、メガロドンはクジラなどの巨大生物も捕食していたことが分かっています。, 海の世界で圧倒的な大きさをほこったメガロドンですが、その巨大さ故に機敏性の高いほかの動物に食物連鎖の世界で負けたことが原因で絶滅したと言われています。, メガロドンが絶滅した時代は最強の海洋生物であるシャチが登場した時代でもあり、泳ぐスピードが速く知能も高いシャチはメガロドンの天敵であるとされています。, そんな強力なシャチが台頭したこともあり、大きさが売りのメガロドンは最終的に絶滅してしまったのです。, 150万年前に絶滅したとされるメガロドンが今でも生きているといった生存説もあり、実際に生存しているメガロドンの目撃情報も多数報告されているのです。, 1918年にニュージーランドの漁師達が、メガロドンのような巨大サメを目撃したと証言しています。, 目撃した漁師さんの目撃談によると「サメの大きさは35m以上」と証言しており、この大きさのサメはメガロドンしかいないため目撃情報が事実なら本当にメガロドンが生存していことになります。, 1942年の12月18日の南アフリカにて、メガロドンと思われる巨大なサメが目撃されました。, 写真は背ビレと尾ビレしか写っていませんが、推定の大きさは全長20mほどだと言われています。, もちろん他のサメはここまで大きくありませんし、こんな大きなサメはメガロドンしかいないはずでしょう。, またまた南アフリカの目撃情報ですが、2013年の4月15日に巨大なサメがクジラを襲った姿が写真に記録されています。, こちらも背ビレと尾ビレのみでやらせ感はありますが、この写真が本物であるならここまで大きいサメはメガロドンしかありえません。, 2014年の6月、オーストラリアの研究者達らが大型のホオジロザメに位置情報を取得できる機会を取り付け生態観察を行ったところ、より巨大な別のサメに丸呑みされた可能性が高いことが分かったと発表しています。, ホオジロザメはジョーズのモデルともなったサメであり、全長8mと海の中ではかなり大きな生物に分類されます。, そんなホオジロザメを丸呑みできる動物はメガロドンぐらいしかいないはずなので、やはりメガロドンは現代にも生存しているのかもしれません。, ハワイの海岸に尻尾を噛みちぎられた巨大なミンククジラの死骸が打ち上げられたことがありました。, 巨大なミンククジラの尻尾を噛みちぎることができるなんて、相当大きな生物でないと不可能でしょう。そう、メガロドンのような巨大なサメでないと無理なはずです。, こちらは海底の地質調査で使われるロボットを撮影している瞬間ですが、動画内にメガロドンと思われる巨大なサメのヒレが写り込んでいます。, この映像から写り込んだサメの大きさを推定すると、全長19mを超えると海洋生物学者のコリン・ドレイクは分析しています。, 全長19メートルを超えるサメとなるとやはりメガロドンしかおらず、メガロドンが生存している説を裏付ける強力な証拠となっています。, メガロドンと生きた時代こそ違いますが、メガロドンと同じく最強の生物と噂されるモササウルスという海洋恐竜がいます。, 両者は体長もほとんど同じで、強力な顎や鋭い歯を持っている所も同じなので、メガロドンとモササウルスはどっちが強いかが議論されることがあります。, 両者は生息していた時代が違うので推測ではありますが、個人的にはメガロドンよりもモササウルスのほうが強いかなと思います。メガロドンよりも強いと推測されるそんなモササウルスについてもっと知りたい方は、こちらの「最強の海洋恐竜『モササウルス』の全貌を徹底解説!強さや大きさ・絶滅理由など最強の古代生物の謎に迫る!」も合わせてどうぞ。, サメの映画と言えば『ジョーズ』が有名ですが、ジョーズのモデルはホオジロザメというサメです。, メガロドンはホオジロザメよりもはるかに大きく、ここではメガロドンのような巨大サメが活躍する映画をご紹介したいと思います。, DNAを操作され巨大化したサメが大暴れする、サメ映画にありきたりなスリル満点のハプニング映画です。, B級ぽい映画ですが内容はなかなか面白く、メガロドンのような巨大サメの怖さがイメージしやすい映画となっています。, 人間を襲う巨大ザメとたたかう典型的な内容のサメ映画ですが、予告編をみるとCGのクオリティも高く期待できる作品と言えるでしょう。, メガロドンは現在も実在するなどの生存説やそれを裏付ける目撃情報も多くあり、都市伝説好きにたまらないロマン一杯の生物だと思います。, <こちらもオススメ♪> モササウルスとは? なんでも食っていたモササウルス. ©Copyright2020 謎解きミステリー -生物・宇宙・都市伝説の世界の謎.All Rights Reserved. 創作ですが、実在した肉食恐竜. メガロドン‥ただのでかいサメ。 最初に見つかったのが歯だが、これがデカすぎたのでサメではなく、恐竜の仲間と思われたので「ドン」がつく . ・最強の恐竜は?恐竜の強さ決定戦に最強ランクの恐竜たちが勢揃い!ティラノサウルス・アロサウルス・スピノサウルス他, 最強の恐竜は?恐竜の強さ決定戦に最強ランクの恐竜たちが勢揃い!ティラノサウルス・アロサウルス・スピノサウルス他, 同時代の白亜紀後期に存在した最強の恐竜と言えば、史上最大の肉食恐竜『ティラノサウルス』です。, 陸上生物と海洋生物ということでどちらが最強を決めるのは難しいですが、映画『ジュラシックワールド』ではティラノサウルスが戦いに苦戦したインドミナス・レックスをモササウルスが一瞬で飲み込むシーンが描かれています。, ティラノサウルスについはこちらの「最新の研究で分かったティラノサウルスの全貌を徹底解説!最強の恐竜は実は弱い、羽毛が生えてダサいって本当?」で詳しく解説しています。こちらも合わせて読んでみてください。, 最新の研究で分かったティラノサウルスの全貌を徹底解説!最強の恐竜は実は弱い、羽毛が生えてダサいって本当?, モササウルスとは生息する時代が異なりますが、最強の海洋生物として語られるメガロドンという巨大ザメがいます。, メガロドンの大きさは全長12~18メートルとモササウルスと同じぐらいで、強力な顎と鋭い歯を持っていました。, 時代が異なるので推測ではありますが、個人的にはモササウルスの方が強いと思います。というのもメガロドンは軟骨魚ですので、身体の皮膚は弱く防御の弱さが弱点です。, 巨大なモササウルスの体当たりを食らうとかなりのダメージのはずなので、攻撃力に差はありませんが、防御の差でモササウルスとメガロドンの対決はモササウルスの勝利だと思います。, メガロドンについてはこちらの「古代生物メガロドンは実在する!目撃情報や大きさ比較など伝説級の巨大サメの謎を徹底解説!」で詳しく解説しています。こちらも合わせて読んでみてください。, 【画像】古代生物メガロドンは実在する!現在の目撃情報や大きさ比較など伝説級の巨大サメの謎を徹底解説!, 発見されたモササウルスの化石には何者かに襲われた形跡が残っていますが、モササウルスを襲う敵となるとなかなかいませんので、モササウルス同士の戦いである可能性が高いと考えれられています。, 諸説ありますが、モササウルスは仲間同士で縄張り争いをしていたり、共食いをしていた可能性が高いようです。, モササウルスは白亜紀後期に起こった大量絶滅によって、他の恐竜たちと同じように絶滅してしまいました。, この大量絶滅の原因としては隕石衝突説や氷河期到来説など諸説ありますが、現在でも確定的に分かっているわけではありません。, 恐竜が絶滅した大量絶滅の原因については、こちらの「恐竜はなぜ絶滅したか?隕石衝突や氷河期到来など恐竜が絶滅した原因をまとめてみた!」でも解説しているので合わせて読んでみてください。, 2015年に公開されたジュラシックパークシリーズの4作目となる『ジュラシックワールド』では、今回ご紹介したモササウルスが大活躍しています。, ジュラシックワールドはモササウルスに始まりモササウルスに終わる。 pic.twitter.com/HowQsuFeCT, モササウルスについて詳しく解説してみましたが、きっとあなたもロマンあふれるモササウルスに魅了されたのではないでしょうか。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 管理人のむむむです。ドキがムネムネする謎が大好物のミステリーオタクです。Twitterも是非フォローしてください( ゚д゚ )▶▶▶@mysteryblog777.

.

エアフォース1 Mid ベルト, 中華丼 レトルト 人気, 水彩画 技法 動画, スティーヴ ヴァイ アルバム, クリスタ フチ 内側,