病院として利益となりうる経済的に裕福な患者の入院を優先して受け入れるのではなく、すべての患者に対して平等に対応する, 患者の家族が患者に対して病気の通知拒否を懇願した場合でも、患者本人が通知を望むなら、それを叶え、患者・家族・医療関係者が一丸となって治療を行える体制を整える, 勤務時だけでなく、プライベートにおいても患者の名前や年齢、病名や病状などの情報を口外しない, 頭部損傷で来院した小児患者が、頭部だけでなく胸部、腹部、背部、四肢などに多くの外傷がみられる場合には、虐待の可能性を考慮し、児童相談所に報告するとともに、話し合いの場を設ける, 未知の薬剤を使用する際には、薬効や投与量、注意点などをしっかりと確認した上で、投与を行う, 病院の基準的な看護方針だけに準じてケアを行うのではなく、個人の能力向上において高い意識を持ち続け、より有効な早期治療法・ケア法の習得に邁進する, 認知症患者が退院し在宅療養に移行する際、患者が安心・安全・安楽な生活を送ることができるよう、ケースワーカーや在宅看護師と連携して、在宅移行支援を行う, カンファレンスにおいて症例ごとにジレンマが生じ、方針が定まらないことで患者に適切なケアを実施できない場合には、グループ・病院単位で基準を設ける, 看護を提供する者として、心身ともに健康な状態を維持し、ウイルスなどの感染防止や医療ミスを防ぐためにも、病気発症時には出勤せず、自宅で療養する, 患者が安心して治療を受けられるよう、倫理的配慮を持って看護を行うとともに、看護提供者としてボランティアなどを通して地域社会に貢献する, 禁煙が必要な患者の喫煙現場を目撃した際には、禁煙を促す(これには、患者の健康維持と、環境破壊の防止の効果がある), 胸部大動脈瘤の手術で、破裂のリスクと対麻酔になるリスクをインフォームドコンセント(正しい情報を得た上での合意)した上で、治療に際しては患者が選択した治療法を尊重する, 術後、除脈のために体外式のテンポラリーペースメーカーを外せない患者に対して、体内留置型のペースメーカーを植え込む処置を行う, 歩行が不安定で転倒歴のある術後のせん妄患者は、歩行する際にナースコールをするように説明・指導しても、一人でトイレまで歩行することがあるため、患者本人と家族の同意を得て、夜間のみ離床センサーを使用する, 病棟業務が多忙な状況であったとしても、緊急入院の患者を受け入れ、他の患者と同様に質の高い看護・医療を提供する, 患者から「信頼しているから言うけど、他の人には話さないでね」と秘密話をされた際、その内容を看護や治療の目的以外で他者に口外しない. [CDATA[ 2016 All Rights Reserved. 看護者の倫理綱領; 看護職のための自己学習テキスト. 看護倫理. 10. 看護のケーススタディは、不安から患者の心身状態を細かく観察し、何か問題があれば迅速に対処しなければいけません。 ここでは、看護のケーススタディに関して詳しく説明していますので、適切なケアを実施できるよう、看護師の方は是非参考にしてみて下さい。 【看護倫理・事例】第11 回 問題編>個人情報の取り扱いに悩んだケース 【看護倫理・事例】第10回 解決編>家族が患者本人に告知を希望しないケース 【看護倫理・事例】第9回 問題編>家族が患者本人に告知を希望しないケース 【看護倫理・事例】第8回 解決編>マンパワー不足により発生した看護師のジレンマ. 最終更新日:2020/06/09 看護を行ううえで、自分は何を大切にしているかが言語化できる ; 1.をふまえ、今後の行動目標を言語化できる ; 今年度、17名が自分の実践した看護について看護理論を基に振返り、事例研究として発表しま … 基礎知識編; 事例検討編; 看護政策; 災害看護. S:「内視鏡では難しいのですね、少し怖いですけど・・・分かりました。妻を癌で亡くしていて悪い所はしっかりと取って下さい。」. Copyright © みんなの看護研究 All Rights Reserved. ‚銳ŽÒ‚Ì‚ª‚ñ‚̐¸¸‚ÆŽ¡—Â̑I‘ð, ‚aŒ^ŠÌ‰Š‚ÌŠ³ŽÒ‚̃hƒi[Œó•âŽÒ‚Æ‚È‚Á‚½È‚ÌŒˆ’f, Žq‚Ç‚à‚Ö‚Ì•aó‚⎡—Ã‚Ìà–¾‚ð‚ß‚®‚é‰Æ‘°‚ƈã—ÐE‚Ƃ̈ӌ©‚̈Ⴂ, ‰@“àŒ¤C‚ÉŠˆ—p‚Å‚«‚éIdÇ“xAˆã—ÁEŠÅŒì•K—v“x‚Ü‚é‚í‚©‚èƒKƒCƒh, ŠÅŒìŽt II i‰îŒìE•ŸŽƒŠÖŒWŽ{ÝEÝ‘î“™—̈æj, VŒ^ƒRƒƒiƒEƒCƒ‹ƒXŠ´õÇ‘΍ôŽ–‹Æ‚Ö‚Ì‚²Šñ•t. 2 ~家族の協力を得られない患者の看護を通して~ 外来 外科医長 岩松 清人 主任 岡部 真利子 本人の思いを尊重し最期を迎えられた一事例 4階東病棟 外科部長 岡部 敏夫 看護師 池野 麻衣: 2013年7月11日: デング熱感染症の看護を振り返っての学び 6階東病棟 2015 All Rights Reserved. 患者に関する知識・理解の交換や、看護・治療における工夫の提案など、他の看護者や保健医療福祉者との協力関係を構築・維持することによって、より質 Copyright© // , 看護研究では、事例研究を行う人が多いですね。臨床の現場で働く看護師にとって、事例研究は日々の仕事の中で研究課題を見つけることができますし、統計の面でもかなり優位であると思われます。事例研究と共に取り上げられるものに、研究プロセスがあります。2つの研究方法の違いはどういったところにあるのでしょうか。, 事例研究とは、看護実践を対象とします。事例を基に観察し、状況や実際に起こった現象をもとにデータ収集・統計、研究を行います。臨床現場の看護師では、実際に事例に対する詳細を観察することができますので、日常からの研究課題の取り上げも多くみられます。, 事例研究では、ひとつの事例を取り上げるだけで報告されることが少なくありません。個人的な経験だけではなく、より多くの事例を知ることが必要となります。その為には、インターネットでの情報収集や過去の事例研究も大変参考になります。事例研究を行うことで、個々がもつ看護技術や経験を共有することができ、臨床の現場における看護実践への影響も大きいと思われます。, 看護実践を対象とする事例研究と違い、研究プロセスでは看護学の視点、広い視野で言えば、健康に関する問題提起からの研究となります。臨床ではなく、理論的な研究といえば分かりやすいですね。化学的根拠や法則性の解明、理論的な位置付けが求められます。事例研究がアセスメントや看護診断を伴うものであれば、研究プロセスでは看護学への問題意識を持つことから始められます。. 怒りを訴える患者の家族への精神的援助~突然の病状変化に危機を感じている家族への家族看護~, 急性増悪によって入退院を繰り返す間質性肺炎患者の退院指導~ステロイド薬剤の副作用と低血糖出現時の対策~, 創未治癒のまま自宅退院となった患者・家族の退院指導~退院後の生活のイメージを作り安心して退院できるためには~, ペースメーカー挿入を余儀なくされた患者の心理状態の変化に応じた看護~スピルバーガーの状態特性不安理論を用いた関わり~, 視床出血術後の意欲減退が出現した患者への自己効力感をつかった看護~結果期待と自己効力感へのアプローチによる排泄行動変化~, 急性期病棟での末期の患者・家族との関わりについて~穏やかになるケアができるために~, 回腸導管造設術施行後のストーマ管理の指導について~チームで統一した指導を行うために~, 発熱のある高齢患者に対しての看護ケア~WHYツリーの分析結果を通し高齢者のケアを考える~, 胃がんの手術後、退院後の食事や生活について不安を訴える患者への看護~患者の生活背景やQOLをふまえた退院指導を行うために~, 長期入院によりADLの低下した高齢者への援助~患者の生活リズムを重視した他職種間で行うケア~, 退院後の生活に不安を抱える患者・家族への看護介入~看護師として退院後の生活を支えていくために~, 脳梗塞を発症した独居の前期高齢者に対する生活習慣を改善するための関わり~疾患を理解し、自宅で安定した生活を送るために~. リネン管理 : 分娩室観察を2時間行う際の看護である 看護実践情報. 看護師 看護用語 東京都 全科共通, 看護学生や看護師が一度は経験するケーススタディ。自身の看護を見直すため、看護技術の向上のために実施される非常に重要な勉強の1つですが、初めて取り組む方は、どのように実施すれば良いのか、どのように記述すれば良いのか、必ず悩むことでしょう。, そこで、当ページではケーススタディの実施経験が浅い方のために、「1、ケーススタディとは」、「2、ケーススタディの目的」、「3、ケーススタディの2つの方式」、「4、ケーススタディの構成」、「5、テーマの例」、「6、実施における注意(倫理的態度)」の6項目について詳しくご説明します。, ケーススタディとは、ある1つの事例(ケース)に対して仮説を立て、それを検証していく研究のことです。「看護研究」よりも簡易的であるため、「プレ看護研究」とも呼べます。また、「事例研究」と称されることもあります。, 看護研究とケーススタディ(事例研究)の違いは、看護研究は“看護全体”に対する研究であり、ケーススタディ(事例研究)は“1つの事例”に対する研究のことです。, また、看護研究は確証されていない看護実践を取り上げた研究であるため、主に看護師としての経験が豊富な方が行います。それに対して、ケーススタディは1つの事例を取り上げ、自身の看護技術の向上や“気づき”を得るための研究であるため、主に看護学生や新人看護師が行います。, ケースタディの主な目的は、上で述べたように看護学生や看護師が自身の看護技術の向上や“気づき”を得るために行うものであり、いわゆる「学習」のための研究です。自分の力でアセスメントや看護診断などを行うことによって、問題解決のプロセス構築や倫理的思考の訓練を行うことができるのです。, また、「研究」を目的として行われる場合もあります。ケーススタディは看護研究よりも簡易的なものでありながら、1つの事例に対して深く研究することで、新たな看護方法を発見できることも多々あります。それゆえ、研修体制が充実した医療施設では、新人看護師だけでなく熟練の看護師に対しても実施を促すことがあります。, ケーススタディは、1つの事例に対する研究ですが、厳密には「ヒストリカル・スタディ」と「インシデント・スタディ」の2つの方式が存在します。, ヒストリカル・スタディは、事例(問題)の初めから終わりまでの一連の過程を取り上げて研究する方式です。主に、患者1人を対象とした個別的な問題解決を行う場合に用いられるため、通常のケーススタディといえばヒストリカル・スタディの事を指します。, インシデント・スタディは、事例(問題)の断面を取り上げ、問題の原因や対策を考える方式です。主に、患者1人だけではなく、複数の患者を対象とし、比較検討する場合に用いられるため、看護研究に近い方式と言えます。, ケーススタディを記述する際には、ある程度の構成に従う必要があります。しかしながら、構成は厳密に決められているわけではなく、基本的には「動機」・「患者情報または事例の概要」・「看護診断から導いた看護問題」・「実施内容と結果」・「考察」が書かれていれば、どのような構成でも問題ありません。, 以下に、ケーススタディの構成の一例を挙げますので、どのように記述していけば良いのか分からないという方は、以下の構成で記述していけば良いでしょう。, 担当患者への看護行為などについて、自分の興味あること、気掛かりなこと、失敗したことなどを取り上げる。, 研究対象者(患者)の氏名(A氏のように記述)、年齢、性別、診断名、身体的特徴、発病から入院までの経過、受け持ち時の状態(アセスメント)などを記述する。, なお、以下に各項目の概要についてご説明します。「研究場所・研究期間」に関しては、特筆して説明することがありませんので省略します。, ケーススタディを始めるにあたって、まずテーマが決まらなければ進みません。疑問を持った出来事はないか、自分は何がしたいのかなど、今一度考えてみましょう。, ケーススタディは、自分の看護行為に対する反省ではありません。自身の看護の質向上のために、どのようにケアを行うべきかを検討・研究するものです。それゆえ、「こうしたらこうなるかもしれない」という事例に目を向けてみると良いでしょう。, なお、取り上げるテーマの概略は最初に決める必要がありますが、本文と一致または狭義的でなくてはならないため、最終決定は本文を記述した後にしましょう。, 「はじめに」では、“このような研究を行った”という研究全体の要約を記述します。つまり、「どんな対象のどんな課題に対して、どんな介入を行い、どんな結果を得た」というように、実施した研究の概略を記述するのです。, それゆえ、冒頭の項目ではあるものの、全ての記述が終了していないと書くことはできません。必ず最後に書くようにしてください。または、最初にある程度の要約を記述し、最後に修正してください。, また、当項目は読者の心を惹きつける上で最も重要であるとともに、疑問や混乱を起こしやすい項目ですので、以下の注意点を守り、時間をかけて記述することを強くお勧めします。, 「はじめに」は、実施した研究の概略を説明する項目であるため、本文にはないこと、または本文と相違のあることを記述しないよう注意してください。, 「援助」「支援」「介入」「看護援助」「看護支援」「看護介入」といったように、同じ意味を持つキーワードがたくさんあります。キーワードを変えて書いてしまうと、“このキーワードは何を意味するのか”と、混乱を招いてしまいます。必ず、キーワードは統一するようにしましょう。, これは内容を分かりやすくするためです。「自分」「患者」「疾病」など、主語を明確にすることで、読みやすい(伝わりやすい)文章になります。, これも内容を分かりやすくするために必要なことです。たとえば、「~しており、~によって、~することで、~の結果が出たが、~によって、~が生じた。」というように、一文が長くなりすぎると読みにくくなってしまいます。どうしても長文になってしまう場合には、接続語を上手く活用して、文を分けてください。, また、主語を長くするのも考えものです。たとえば、「同年代の親しい療養仲間の死の影響で精神的不安が増大した患者への看護は・・・」のように、主語は「患者への看護」でありながら、主語の修飾が非常に長くなってしまうと、理解しにくくなります。この場合も文を2つに分けて書くようにしてください。, なお、これらの注意点は「はじめに」だけでなく、本文すべてに当てはまることですので、質の高いケーススタディにするために、本文全体を通して遵守してください。, 「患者情報」には、患者の氏名(A氏のように記載する)、年齢、性別、診断名、身体的特徴、発病から入院までの経過、受け持ち時の状態(アセスメント)などを記述します。, 誰のどのようなことに対する研究であるかを明示しなければ、実施した看護行為や結果の正当性がみえてきません。, 特に患者の身体的特徴やアセスメントした内容について深く説明することで、研究の“土台”が築かれ、実施した看護行為や結果が明確になりますので、得た情報(研究に関連する)は全て記述してください。, 「看護の実際」には、看護問題(患者の問題)、看護目標、期待される結果、看護活動などを記述します。研究の内容を読者に伝えるために最も重要な項目であるため、詳しく記述してください。, また、文面上で分かりやすく分類するために、1)看護問題、2)看護目標、3)期待される結果、4)看護活動、のように各項目に分けて記述しましょう。, 看護問題は、すでに患者に起こっている問題と起こる可能性のある問題の両方を取り上げます。アセスメントから得た情報をもとに看護過程に従って診断を行い、看護問題を導き出してください。また、列挙するだけでなく、各看護問題の詳細の説明も忘れないでください。, 看護過程において、アセスメントと看護診断を経て導き出した看護問題に対して、看護介入を行うことでどのように改善を図れるのかを考え、目標を設定します。記述の際には、端的にまとめましょう。, 看護介入によって、どのような成果が期待できるかについて記述します。これは、「実施及び結果」に繋がることですが、関連する事柄でなくても問題はありません。研究開始時に思ったことを書いてください。, 看護問題を解決するために実施した看護介入について記述します。必ず、看護問題に関連した事柄を記述してください。なお、看護介入の詳しい内容については次項で説明するため、ここでは端的に箇条書きで構いません。, 「実施及び結果」には、研究開始から終了まで、看護問題を解決するために患者に対してどのような看護介入を行ったのかを詳しく記述します。, 「1日目」「2日目」というように、詳細な時系列で看護介入の内容をこと細かく説明する必要はなく、ある程度の時系列でポイントとなる事項を取り上げて記述してください。, 当項目では文章が長くなるため、「看護介入をカテゴリー別に分けて書く」または「段落ごとに時系列で書く」という構成で記述すれば、読者にとって読みやすく、整理された内容に仕上がります。, これらはあくまで一例ですので、この通りにする必要はなく、読者にとって分かりやすく記述されていれば書き方は何でも問題ありません。, 「考察」には、結果までの内容の概略、結果の解釈や私的・個人的な意見、本研究における今後の課題、研究を通して発見した新しい事実、達成できなかった看護問題、反省点・改善点など、いわゆる実施した内容を通しての総評を記述します。, 「考察」と似ていますが、「おわりに」には研究を通して学んだことについて記述すると良いでしょう。また、今後どのようにしていきたいかなどについて書いても良いでしょう。, 参考にした文献や引用した文献があれば記載しましょう。特に引用文献においては、どこの文章かが明確に分かるように、テーマや氏名だけでなく、ページや行、引用文献の年代(研究当時)など詳しく記述してください。, 次に、これまでに実施されたケーススタディのテーマの一例をご紹介します。どのような事例を取り上げたら良いのか悩んでいる方は、参考にすると良いでしょう。, ケーススタディの実施にあたっては、健康上の問題を有し、医療を受けるために入院している患者を対象とする場合が多いため、患者に負担をかけるようなことがあってはいけません。また、「プライバシー」「自己決定」「匿名性と守秘性」「公正な取扱いを受ける権利」など、患者の人権に対して十分に配慮する必要があります。, 特に看護学生は、看護師としてはまだ正当に看護ケアを行える立場にはありませんので、過剰な看護ケアによる患者の自立意欲や治療における積極的態度の損失を招く危険性があります。, それゆえ、患者の「自立」や「自己決定」を尊重するとともに、看護過程の中で患者の果たす役割を十分に考慮しなければいけません。なお、事例として研究する患者(協力者)の同意は必ず得ておきましょう。, また、必要な場合には、施設内の倫理審査委員会の許可を求めるなどして、患者を第一に考えた上で実施する必要があります。その他、他の研究で使用した調査用紙やデータは必ず出典を明らかにし、引用や参考にした研究についても必ず明記してください。, ケーススタディの実施に際して、また記述に際して、多くの時間を費やすはずです。しかしながら、自分の看護を見直すため、看護の質向上のために、非常に大切な勉強の1つです。, また、レポートとして多くの人が閲覧し、時には先行研究として参考にされることもあるでしょう。看護学生や看護師の毎日は多忙を極めますが、自分のために、患者のために、他の医療従事者のために、時間をかけて納得できるものに仕上げてくださいね。, なお、ケーススタディは後に看護研究へと進展していくもので、看護研究の書き方に通じるところが多々ありますので、以下の記事も併せてお読みください。, 東京都在住、正看護師。自身が幼少期にアトピー体質だったこともあり、看護学生の頃から皮膚科への就職を熱願。看護学校を経て、看護師国家資格取得後に都内の皮膚科クリニックへ就職。ネット上に間違った情報が散見することに疑問を感じ、現在は同クリニックで働きながら、正しい情報を広めるべく、ライターとしても活動している。, 子どもにとって、10年以上にもわたって、1日8時間以上教室でずっと、じっとし続けることは、ほ, 看護研究は、多くの医療関係者の参考資料となり、看護全体の質の向上を図る上で非常に役に立ちます, 一般的には「エコノミークラス症候群」として知られている深部静脈血栓症(DVT)。この疾患は長, 休みの日の前日は、めちゃくちゃテンションが上がる!特に給料日後の最初の休日の場合は、自分の中でテ, これから手術室で勤務しようと考えている看護学生や転職を考えている看護師の方のために、業務の内, VAP(人工呼吸関連肺炎)の看護|原因や予防バンドル、ガイドライン、6つの看護ポイント.

.

晴れパン センター南 予約 5, シャーク ニンジャ 評判 4, バッファロー 年収 低い 6, 賭ケグルイ双 ネタバレ 57話 53, Lazy Daze 意味 6, Realize Recognize Find Notice 違い 4, 善逸 自傷行為 小説 9,